コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRリング運命の日 FPSZ』vol.2  
 

実戦データ
店舗名 関東某店
換金率
遊技ルール 無制限・台移動・出玉共有可
機種名 CRリング運命の日 FPSZ
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 9000円
総回転数 1848回
大当たり回数 13回
確変回数 5回
総出玉数 0個
換金額 0円
収支 -9000円

イケると思ったんだけどなあ……

もう少し正月気分というものを味わっていたかったが、すでにもう世の中が動き出している。当然ながら、あっという間に日常に戻ってしまった。パチのほうも渋いながらも、今回でもう4日目だ。フル稼働には程遠いが、一応は本気モードだ。今日はいつも行っている店が期待できそうにもなかったので、『CRリング運命の日 FPSZ』を朝から打ちに行こうと思う。年末最後に見た釘との比較になるが、果たしてその時よりも開けてくれているだろうか。遠い道のりを、まだ見ぬ釘に思いを馳せながら車を走らせた(ちょっと大袈裟だな)。

遠かったわりには開店5分前に計ったように着いた。新参者は最後尾から入店。何台もあるので慌てることもないわけだし。それでも真っ直ぐ『リング』の島へ向かった。釘を見れば10日前のそれよりもひと回りでかい。ようやくこのパチ屋も動き出したということか。ならば話は簡単。回りはほかの台と比べると少し落ちるが、出玉優先で1台をチョイス。周りの台は電サポ中に激減するなか、これだけは現状維持、もしくはわずかだが増えるような調整なのだ。多分、この店にはモリモリ増えるような台は1台たりともないはず。なので、現状維持でも優秀だろう。

さっそく打ち出すと、初めの1000円はたったの13回だったが、次に36回も回り一瞬で帳尻を合わせた。次は25回とまずまず。4000円で106回ならば十分だろう。ただし、これが本物かといえばもう少し落ちそうな予感。いかんせんステージがことのほか悪い。112回転目、保留が緑に変わった。すると、次の回転では赤に昇格。いきなりのチャンスじゃないか。しかしその後の展開がいまひとつ。かかったリーチは「鳴り止まない恐怖」だ。リーチも弱い。あっさり外れてしまった。ちょっと朝から痛いぞ。

気を取り直し、さらに回していくと225回転目、今度はビデオテープを再生しろとかなんとか、そんな予告で画面の上下のテープの色が変化していく演出が発生。たいがいは変化もせず終わるか、赤色に変わるもののリーチがかかるだけのパターンがほとんど。しかし今回は赤から金色に変化。さらにデンジャー柄にまで発展。もらったも同然かと思っていると、なんとこれが「レインボー」に変わったじゃないか。同時に「ラッキーエアー」も吹き、「呪いの手役物」が落下。リーチもかからず「888」と揃ったのだった。使ったお金は9000円なり。

STに入ると早々に当たりがやってきた。4回転目、「赤リング」の予告から「777」の大当たり。まずは一安心といったところ。しかし次が駄目。「貞子接近」が最速で抜けると、後半の「デジャヴパニック」でも一度もリーチにならずSTは終わってしまった。左打ちに切り替えると、何やら怪しげな動き。よく見ると、黒猫が「ラッキーパト」を転がしているじゃないか。今度の『リング』も電チューでテンパイすると鉄板なのか?

しかも「7」図柄がテンパイ。当然のように大当たりとなった。嬉しい引き戻しだ。再びSTに突入すると3回転目、ボタン連打で「7」図柄を揃える演出が発生。こんなでっかいボタン、連打なんてしてなるものか。やがて「777」と3つ揃った。どうもさっきと同じようなパターン。早い当たりの後はチャンスらしいチャンスもなく後半に突入。もう諦めかけていた78回転目、「デジャヴパニック」がかかる。期待度はそれほど高くなかったが、モノになった。「888」が「777」へと昇格。42回転目には4Rが当たって、さっきと今回とで6連チャンみたいなことをやってのけた。


結局このザマだ……

ホッとする間もなく、次の当たりがやってきた。122回転目、赤い疑似連が発生。「貞セグ」も完成。「蠢く怪日記」と、リーチは弱かったものの当たった。なかなかやるじゃないか。拾いモノでもした気分。STに入ると、一気に後半まで駆け抜けてしまった。77回転目、こんな場面ならば突確でも素直に嬉しい。STのやり直しだ。ん〜、しかし駄目な時はどうあがいたって駄目なんだな。あっという間に終了となる。それでもこの時間で8000個近くまで出たのだから十分だろう。

早い当たりがポンポンと続いた後は、当たりも遠のき、悪いことに回りまでもがガクッと落ち込んでしまった。どうやっても回復する気配すらなく、300、400、500と、持ち玉もみるみるうちになくなってゆく。それでも踏ん張ること以外になす術なしか。534回転目、ようやくチャンス到来。疑似連が3回続き、「黒猫群」が出現。「貞セグ」も完成。しかしかかったリーチは微妙な「再生される恐怖」だった。カットインは辛うじて赤だが、果たして「222」と3つ、やっとの思いで揃ったのだった。

肝心の連チャンだったが、納得の4連チャン。しかし納得いかなかったのがラウンド振り分け。この4つすべてが4Rとは。全部とは言わないが、せめて2つぐらいは16Rが欲しかった。そしてこの後もまったくいいところがなく、4Rが1回当たっただけで夕方には持ち玉がすっからかんとなる。ん〜、この釘じゃ、足らないってことか。台移動するべきだったのだろうが、今となっては後の祭り。外へ出ると、もう真っ暗かと思いきや、西の空がまだほのかに明るい。少しずつ陽が伸びていってる証拠だな。春もすぐそこか(いや、まだまだでしょ)。さあお家へ帰ろう……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る