コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR春一番 〜こいこい八〜 GL』他  
 

実戦データ
店舗名 関東A店 他
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CR春一番 〜こいこい八〜 GL
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 8000円
総回転数
大当たり回数
確変回数
総出玉数 0個
換金額 0円
収支 -8000円

混雑

ホームとしているI店をまず覗いてみたがどうにもならず。店内を回遊して出たのは「ため息」だけ。一発も弾くことはなく店を出る。それから地元に戻り、K店やらO店を回ったが、ここでも一発も玉を弾くことはできず。

さて、困ったな。どうしたものか。こうなったら安いとは思うが、先日打った『フィーバークィーン』をまた打つしかないか。そんなわけでA店に向かうことにする。しかし、この店は近隣の中では最も繁盛している店であり、カレンダーから推察するに今日は混んでいるような気がする。果たして台そのものが空いているのだろうか。

A店に着いた時には、すでに薄く暗くなりかけていた。店外からあの『クィーン』独特のSE(サウンド・エフェクト)が聞こえてきた。自動ドアをくぐると「ああ、やはり」。3台ある『フィーバークィーン』は満席となっていた。わりと玉は出ているようだ。途中参加じゃこれもまた仕方がない。そういえば、勤め人の頃における最大の「問題」もこれだった。狙い目としている台が夕方から空いているかどうか。

大概において、いつも打つ台やシマは決まっていたのでドアをくぐるときには毎回、祈るような気持ちで入店していた。空いていればそれだけで「今日はラッキー、ついているぞ」と思ったものだ。そんなわけだから、冬月の通う店に繁盛店は皆無だった。そこそこ空いている店が通う際の大事な基準。それは今でもたいして変わらない。朝から打てる身分だが、やはり混んでいる店は好きではない。

とはいえ、ガラガラの店内の荒涼たる風景もまた寂しいもの。そんな荒野においしいものが落ちているはずもなく、それも困る。さりとて混雑も嫌という、まことに身勝手な冬月である。何かをなしたいときには何かを犠牲にしたりしなきゃいけないというのにね。まったくもってワガママである。

さあて、どうしようか。甘デジのコーナーは幸いまだ空き台が1/3くらいある。その中からめぼしい子を見つけるしかないか。まず座ったのは『甘海』。ヘソは大きいが、打ったことがないのでステージの性能はよくわからない。まずは500円分の玉を借りる。打ち出してみると、おやまあ酷いわこれは。

ヘソには寄っていくがまったく入賞しない。125発の玉で1個も入らないのではないかとふと思う。長い間、パチンコを打っているが、デジパチの場合はどんなに酷い調整でもヘソに1個も入らなかった経験はない。いよいよ今日がその時か?と覚悟を決めていたら玉が尽きかけた頃にお情けのように4個ばかりヘソに。話にならん。すぐに移動。

次は『蒼天の拳』へ。これもヘソはかなりデカい。しかし風車上の寄りは大きくマイナス。これではロクに回らないだろな……。と思いながらもとりあえず打ってみる。ところが最初の1000円で23回転。おおっ? 次が21回転、そして3000円目が17回転。うーむと思いつつさらに玉貸しボタンを押すと、500円でたったの4回転。やはりダメですな。

3機種目は『CR春一番〜こいこい八〜 』。スペックが辛い子である。1000円20個やそこらではボーダーを切ってしまう。そのためにどこの店でもわりと回る傾向にある。こんな時には辛くてもコツコツ打つのもありか? 打ち出すとこれがまた話しにならなかった。1000円20個が関の山。これでは打てば打つほど負けまする。


晴れたらいいね、か

こんな調子でバラまきをしていたら、あっという間に負けが膨らむだけだ。そんな時、『フィーバークィーン』が1台空いた。そそくさと駆け寄ってみると、前回打った時と比べると明らかにシメになっていた。今日は徹頭徹尾ダメだわ。これ以上、試し打ちという名のバラマキをしていたら、取り返しのつかないことになる。

そんなわけで『フィーバークィーン』も打つことなく撤収。帰り際にもう2軒ばかり覗いて、懲りずに試し打ちしてみた結果、何度か当たったが見るべきものはなし。玉も残らず。傷心のうちに帰宅する。

年が開けても周囲の状況は変わらずどころかますます悪化なのか……。

冒頭に書いた吉田美和がスピーチした池田町の成人式。JR池田駅では「晴れたらいいね」と「ALMOST HOME」が特急電車乗車時の改札メロディーとして流れているそうな。まさに「晴れたらいいね」か。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る