> > 『フィーバークィーン』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『フィーバークィーン』  
text by タッキー
 
筐体画像 子供の頃から、なにかをやり始めるとトコトンやらなきゃ気が済まない性格だった。ただ、同時に飽きっぽい性分も持ち合わせていて、昨日まであれほど熱中していたものが明くる日には何事もなかったかのように、一瞬で冷めてしまうこともままある。これは趣味にかぎらず食べるものでもそうなのだ。美味いなと思うと、年がら年中同じものばっかり食べてしまうのだ。冬などは毎晩、鍋でもいいくらい。

今ちょっと、やばいなと思ってるのが2つある。ひとつは以前にも書いたが、氷食症というわけじゃないのだろうが、とにかくこの寒いのに家に帰ってくると冷蔵庫を開け、氷を3つ4つ口に放り込んでしまうのだ。ん〜、これが止められない。それでもなるべく内臓は冷やしたくないので、風呂上りや食後にポリポリやるようにはしているが、やっぱり完全に氷食症だな。

そしてもうひとつが、牛丼チェーン店の「すき焼き鍋」だ。初めは1人鍋をつついているおっさんを見て、寂しいなあなんて思っていたが、これがなかなかどうしてオツなもんなのだ。氷食ってる男が説得力に欠けるが、体も温まっていい。去年の暮れあたりからこれにはまってしまい、今では毎日のように食べている。昨日も食べたし、一昨日など昼と夜2度も食べてしまった。オレも寂しいおっさんの仲間入りということだろう。パチ屋のそばに牛丼屋があると、釘を見る前にホッとしてしまうのだった(笑)。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る