> > 『ぱちんこCR北斗の拳6 拳王』他 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ぱちんこCR北斗の拳6 拳王』他  
text by タッキー
 
筐体画像 近頃、打てない日が多いせいか、週のうち半分ぐらいは夕方頃に帰るという日が続いている。一応、やるべきことはやっているので、そのうちまた好転することを期待しつつ、今はじっと耐え忍んでいるような状況。おかげで、テレビを観る時間が少し増えてしまった。この間も、面白そうな番組だと思って観はじめたもののわずか30分ぐらいのところでチャンネルを変えてしまった。ようやく本題に入ったかと思うとすぐにコマーシャルとなり、終われば終わったで今度はコマーシャルに入る手前の部分をしつこく繰り返され、とにかく辟易してしまったというわけ。録画して観ればある程度ははしょれるだろうが、それもしゃくだしもう二度と観るもんかと思いチャンネルを変えた。

その点、NHKはいい。夜中に観そびれてしまった番組の再放送をやっているのでついつい遅くまで観てしまうことも多い。たしか木曜日だったかな、「風の峠」というドラマに夢中になっているところ。直木賞作家・葉室麟の「銀漢の賦」という時代小説が原作だ。たまたま以前に読んだことがあり、おさらいの意味で原作をもう1度読んで、ドラマを観ているのだ。1回読んだだけではオレの頭ではけっこう理解できないことも多いが、ドラマを観ながらだと案外すんなりと頭に入ってくるものだ。

ほかにも直木賞受賞作「蜩ノ記」などお勧めが多数ある。武士というか、男の生き様みたいなものを涼しげに語っているところがとてもいい。朝の開店待ちで携帯をちょこちょこいじるよりも、文庫本片手に待つほうが断然いいじゃないか。いや、ホントは美味いコーヒーでも飲みながら花鳥風月とまではいかないまでも、静かな木漏れ日の中でじっくりと読んでみたい。そんな日がいつか来ることを願いつつ、いつものように身支度をして家を出た。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る