コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRAトキオデラックス』  
 

実戦データ
店舗名 関東某店
換金率
遊技ルール 無制限・台移動・出玉共有可
機種名 CRAトキオデラックス
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 6000円
総回転数 1144回
大当たり回数 57回
確変回数
総出玉数 13475個
換金額
収支

3000個定量とは……

長々と書いてしまいそうなので、この辺でおしまいにしよう。本日はいつも最後に行く店をたまには朝から向かってみようと思い立って行ったのだが、そんな時に限って釘のほうが駄目。ん〜、まったくノレてないなあ。とはいえ、ここが駄目だった時の次なる候補はちゃんと考えてある。今から行けば抽選の時間、12時には間に合うはず。この時間ともなると上りの道は比較的空いていてあっという間に2軒目に到着。羽根物の新台が入ると聞いてここまでやってきたのだが、驚いたことに定量制ということだ。しかもわずか3000個で打ち止めだとか。等価ならばまだわからなくもないが、40玉交換だぞ。冗談かと思ったが、どうやら本当らしい。若い頃ならば従業員にかみついていたところだが、もうそんな情熱みたいなものはない。呆れて言葉も出ないというやつだ。

しかたなく、ほかの新台をアテにして抽選に参加。お客さんも少なめだったので抽選に参加したほとんどの方が何がしかの新台に座れる恰好となった。その中で打ったのは初打ちとなる『CRまわるんパチンコ大海物語3』。カースケ先生がよく打っているやつだ。確か等価でも1000円25回ぐらいは簡単に回ってしまうようなことを書いてあったっけ。そうなると40玉ならば30回は軽く突き抜けるような回りなのだろうか。当然、そのぐらいないと勝てないということか。

座って釘を見るが、この間、等価の店で見たヘソとたいして変わらないような気がしなくもないが、気のせいだろうか。電サポ頼りの台なのでけっこうな回りムラが発生するのだろうと思う。最初の1000円ではたったの23回。小デジの抽選をジッと見ているとほとんどハズレばっかり。次は多少電サポが効いて回りは上がったものの、それでも1000円26回と、しょぼしょぼだ。5000円ばかり無理して打ったが、1000円25回あるかなしといったところ。これじゃ、まわるんどころか……まあいいか、言うのはよそう。せっかくの台がお店の扱いによってこうも違ってくるとはね。

これが早々なのかどうかはわからないが、見切りをつけて店を出た。まだ諦めることなく3軒目に到着。さっきの店よりはまあまあ客付きもよく、少しは期待できそうだぞ。店に入ってさっそく目についたのがハネデジの『CR緋弾のアリア』だ。この換金率ならばなんとかなりそうなヘソ。さっそく打ち始めると、わずか1000円で「デンジャー柄」が出現。バトルリーチとなって大当たりとなった。出玉は少ないながらも3連チャン。オーバー入賞もまずまず。ただし、スルーがいまひとつでわずかだが玉が減ってしまうのだ。

終わるとまたすぐに当たりがやってきた。疑似連が続き、なんと4回まで続いて「温泉卓球リーチ」へ発展。あれ!? こんなリーチあったっけ? ミドルタイプは何度か打ったがあまり記憶がない。そのタイトルが「レインボー」になり大当たりとなった。今度は2連チャン。ここで一旦、店内を再確認。広い店だったのでもう一度ゆっくり見てみようと思う。あれ!? さっきはこの島、見てなかったのかな。羽根物の『CRAトキオデラックス』があるじゃないか。しかも釘を見ればひょっとすると打てそうな感じ。ここはもう迷わず移動。


本物なのか?

羽根物だけは打ってみないことにはわからない。釘も見た目よりも鳴く場合もあるし、その逆もあり。もちろん、役物なんて数時間打ってみないことには把握できない。特にこの『トキオ』はそうだ。さっそく打ち始めると、なんと1発目に鳴いた羽根に拾われ、それがSPルートへと向かった。これが真っ直ぐ、手前のVゾーン目がけて落下し当たった。ラウンドものっけから、てっぺんまで到達し15Rをゲット。ひょっとするとひょっとするのかな?

次は2度SPルートを外したあとに回転体を飛び越えた玉がV。10個目の入賞だった。今度もまた15Rだ。次も早い一発。6個目の玉が回転体と同期するかのごとく、ゆっくり溝に絡みながらVゾーン手前でコロリと落ちてきた。今度もてっぺんまで行ったが、残念、6Rだった。いまのところSPにもけっこう行くので悪くはない。ただ、SPからの当たりが微妙といえば微妙。次は早くもスランプが訪れた。あれだけ頻繁にあったSPへの玉がまったくなくなってしまった。10個、20個と役物に拾われても、玉に勢いもなく外れのゾーンに力なくポトリと落ちるような状態だ。

それでも22個目の玉がノーマルルートからV。しかしこういう時に限って2Rと、相場は決まっているようだ。だんだん役物もいいんだかそうでないんだかわからなくなってきたぞ。10回ばかり当たったが、V入賞率は1/13とあまりいいものではない。ただ、寄りは抜群にいいのでこれ以上悪くならなければ玉は残るはず。

そしてここからまた状況が一転。幸いにもいいほうに傾いた。とにかく何度も「キュイーン」と鳴るような早い当たりが続いた。11回から20回までのV入賞率が驚きの1/5.8まで跳ね上がった。ラウンドもほぼ均等。21回目の当たりも1発目のSPルートが決まり当たった。ここへきてSPも復活した模様。立て続けに4回ばかり外したものの、13個のうち、5個がSPへと向かった。その5個目がVゾーンすれすれに入賞した。

たまに、だらだらするような場面もありながら、この21回から30回までV入賞率は約1/10となった。ん〜、なんとなくこれがこの台のホントの顔なのかなと感じた。拾いさえしっかりあれば優秀台と呼んでもいいだろうか。いまのところ時間あたり7回のV入賞があるので、理想のカタチだ。このまま行ってくれるといいのだが。

猛烈に早い当たりがぽんぽんと続くが、これすべてが2Rだった。ん〜、なんと6連チャン。逆はほとんど経験ないが、2Rの連チャンはなぜかしら多い。そんなことをしているうちにスランプが訪れた。SPもあまり決まらなくなり、拾いまでもが悪化してしまった。何度もVゾーンをかすめるような痛いハズレに目を覆うばかり。ホント羽根物を打っていると皺の数が増える。40個目の玉がようやくVゾーンを射止めた。今度はてっぺんまで行き15Rをゲット。そしてまた早い当たりが復活。

夜になり、持ち玉は8000個ぐらいにはなった。できれば1万個の壁を超えたい。朝から打てなかったのが残念だが、この店を1発目にもってくるなんて考えもよらなかったことなので、しかたないだろう。時折スランプみたいなものが訪れるが、必ずそのあとは帳尻合わせがやってくる。9時頃になって今日一番の踏ん張りどころがやってきた。SPを外しながらも31個目がノーマルルートからV。次はお決まりの1発目が当たったと思ったら、その次がまた33個のハマリ。さらに22個と、危なっかしい展開。

ようやく復活したかと思いきや、また34個のハマリがあって役物に対する信頼度が低くなり始めた途端、最後はゾーンにでも入ったかのような猛烈な当たりが訪れた。終わってみればV入賞率も1/10.8と、落ち着くところに落ち着いた感じ。もっとも『トキオデラックス』の中ではかなりいい部類に入るだろうか。大当たり終了と同時に一発も打たずに席を立った。明日、朝一発目で当たれば「キュイーン」と鳴るのだろうか。まあどうでもいいか……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る