コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRA緋弾のアリアFPW』他  
 

実戦データ
店舗名 関東某店
換金率 30玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉共有可
機種名 CRA緋弾のアリアFPW
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
1000円224先読みゾーン・アリアフィギアVSジャンヌ
174VSシャーロック
351赤エフェクトヒステリア
57ラッキーパト
347VSブラド
504VS二宮欽二
876
312赤セリフVSシャーロック
126ライトニングバレットチャンス
182BONUS赤保留武偵MISSIONチャレンジ
176終了
総投資額 1000円
総回転数 651回
大当たり回数 10回
確変回数 1回
総出玉数 2026個
換金額 6500円
収支 5500円

終日座っていられそうな雰囲気……

それにしても困ったぞ。パチプロ実戦というからには「今日は打てませんでした」というわけにもいかない。特に今日は週末でもあるし、なおのこと厳しい状況でもある。そうはいっても、ぐずぐずしてても始まらないので、とにかく向かうだけは向かってみた。あてもなく、それでも1時間ほどかけてパチ屋へと。

等価じゃないので、多少メリハリがあるこのお店。ついこの間までなんでもありのお店だったが、最近は電サポ中の止め打ちぐらいで注意されるらしいのだ。商売とはいえホントにパチンコ遊技とは面白いもので、上手に打てば打つほどお店にマークされてしまう。それは違うだろうといつも思う。普通、パチンコ歴20年なんて言えば、ほかの趣味の世界ならば間違いなくプロ級の腕前なんだろうが、パチだけはそうじゃない。結局、“遊技”であっても店としては“遊戯”としてお客には遊んでもらいたいのだろう。変な世界だが、そうであったからこそこれまでずっと長い間パチで飯が食えてきたのだろうとも思う。隙間稼業だなんてよく言われたが、その隙間も近頃はぐんと狭くなってきたということだ。

結構早めに着いたので、一応整理券などもらってみた。ん〜、相変わらず整理券の意味がない。たとえ先頭であっても一斉に入場させてしまうから、釘なんて見る余裕もなく、狙い台にまっしぐらに進むしかないのだ。まあ別に釘さえ開いていればどんな台であっても構わない。よほどスペックが悪くない限りは。そんな中、『CRA緋弾のアリアFPW』にアケがあった。この店で打つのは初めてだが多分いけると思う。久しぶりに終日座っていられそうな予感。

打ち始めると、なかなかの回りっぷり。500円で13個ばかりヘソに入り、さらに500円を買い足すとチャンス到来。「先読みゾーン」が発生。ロゴギミックも赤くなって落下した。これが「VSジャンヌリーチ」へと発展し、当たった。確か図柄当たりは無条件でST突入だったような気がするが、甘デジは初めて打つのでどうなんだろう。よし、確変に入ったぞ。6Rの当たりとSTをゲット。使ったお金はわずか1000円ということ。

STに入るとバトルになったものの「VSシャーロック」じゃちょっと弱いかなあ、なんて思っていたら当たってしまった。35回転目には「ヒステリアリーチ」がかかり、これもどうかなあと思っていると、あっさり当たってしまう。これで3連チャン。次はわずか5回転目、「ラッキーパト」出現で「777」の大当たりとなった。大した出玉じゃないが、それでも嬉しくないわけはない。

5連チャン目は「VSブラド」で続けての「777」。ぴったり50回転目には「VS二宮欽二」は星が五つで勝利濃厚なのか。ミドルでもけっこう連チャンしたが、初めて見たような気がするぞ。もちろん大当たり。結局、9連チャンまで続いたのだった。ラッキーとは思ったものの、普通に打っているとやはり玉減りが結構ある。利ザヤが見込めないとなると、こういう台を打っている意義さえもなくなってしまうということ。

さらにその回りさえ危なっかしくなってきてしまった。1000円20回に毛が生えた程度なんだろう。近頃じゃ、1000円20回もあればマックスタイプですら喜んで全ツッパする強者がいるけれど、とてもじゃないが甘デジですら具合が悪くなってしまいそう。面白くもなんともないが、そういう時代だってことを受け入れなきゃならないのだろう。182回転目、保留が赤に変わった。「武偵MISSIONチャレンジ」となりBONUSをゲット。しかし今度は通常だった。いくばくかの時短が付いたものの連チャンはなし。

いよいよ回りが危なっかしくなってきてしまい、30玉交換の持ち玉をやすやすと飲まれてしまうのもしゃくだったので、ドル箱ひとつを流してぶん投げてしまった。なんだろうね、この弱気なオレ。もっとも仮に飲まれたとしたら再投資するかといえば、答えはノーなのだから今日のところはこれでいいということ。もちろん、まだ今日という日を諦めたわけじゃないから。そしてここからはいつもの羽根物というパターン。


とんだ食わせ物だった……

店を移動し『CRAビッグシューターエックス』を打ったのだが、これがとんだ食わせ物だった。のっけから2Rが4連チャン。とはいえ、役物はなかなかどうして、よい部類なんじゃないだろうか。5回目にやっと15Rが当たった。すると今度は15Rが連チャン。いったかと思っているとまた2Rの連チャンが始まった。10回当たって2Rが7回だなんてどうかしてるぞ。それでも、下段のステージに転がった玉は3つと外さないので、玉はじわりじわりと増えていった。4000個手前まできただろうか。

さすがにここまでくれば経験上、かなりの自信というものがあった。安定の羽根物でもあるのだし。ところが、そう簡単にいかないのが近頃のオレ。今まで3つと外さなかった下ステージに転がった玉が、突然、Vゾーン手前でポロリポロリと外れるようになってしまった。こうなるとギリギリの釘だから玉が減るのも早い。ようやく仕留めたのは42個目の玉だった。8個も立て続けに外した後の9個目が真っ直ぐに落ちてきてVを射止めた。中途半端な6Rの当たりだった。

どうやら見立てよりも役物はずっと悪いような気がしてきた。この後も出たり入ったりするだけで、どうにもこうにもならなくなってきてしまった。結局、わずかばかりの玉を換えて、ぶん投げたのだった。まさかの展開に茫然。多少儲かったとはいえ、これじゃあねえ。来週こそはと思うのだが、どうなることやら……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る