> > 『CRリング 呪いの7日間FPW』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRリング 呪いの7日間FPW』  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 そろそろ冬もおしまい。冬月のスキーシーズンも終盤だ。そんな時、フリースタイルスキーのワールドカップで、小野塚彩那選手がハーフパイプで初の種目別総合優勝を果たしたというビッグニュースが飛び込んできた。日本人としては、モーグルの上村愛子選手以来の快挙だ(ちなみに、アルペン系ではスキークロスという種目で瀧澤宏臣選手が過去に総合優勝している)。

でも日本のメディアではほとんど報道もされていない。野球やサッカーに比べるとあまりにも話題性が低いスキー界。が、ワールドカップ総合優勝と言うのは、正真正銘の世界一ってこと。スキーを知らない方でもそのすごさは想像がつくんじゃないかな。

ハーフパイプ競技というのは、文字通り半分に切ったパイプ状の雪のバーンで、高く跳んだりクルクルと回転しながら滑ること。超絶な技術とバランス感覚、そして勇気が試される。冬月も少しやったことがあるが、恐ろしすぎる。まあこの際、ほんの気持ちだけでも、小野塚選手のたゆまぬ努力をする姿勢に学ぼうと思う。

いずれにしてもチャンピオンというのはすごいものだ。かつて、パチンコ人気が全盛だったころは民放のゴールデンタイムで「パチプロ王選手権」なんてのも放映されていたっけな。あの頃、メディアなどで活躍していたパチプロたちの姿は今ほとんど見かけなくなった。安田一彦さんは現役で頑張っているけど、飛鳥一平さんや池上蓮さんは亡くなってしまったし、廃業した方も多いらしい。

中学の時に習った方丈記の一節。「よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし」。つまり世は無常で移り変わるってこと。これはどうにも動かしがたい事実なのね。ともあれ、一日一日、一瞬一瞬を大切にして生きるしかないということだよね。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る