コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRリング運命の日 FPSZ』  
 

実戦データ
店舗名 関東某店
換金率 33玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉共有可
機種名 CRリング運命の日 FPSZ
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 2000円
総回転数 1483回
大当たり回数 11回
確変回数 6回
総出玉数 0個
換金額 0円
収支 -2000円

上々の滑り出し……

非日常の後はやっぱりパチ屋への足取りは重い。みなさんからみればパチだって非日常だが、オレにとっては日常ということ。そんな中、今日は久しぶりに羽根物以外で勝負してみようと思う。デジタルを回すなんて何日ぶりだ? 回さずに済めばそれにこしたことはないのだけれど、そうも言っていられないのがちょっぴり辛いところ。もっとも最近の羽根物事情は一時期に比べてけっして芳しくはないので、たまにはデジタルにすがるのもアリか。最近の台では、悪くない部類に入る『CRリング運命の日FPSZ』。今週、甘デジも導入になったようなのでそのうち触ると思うが、前作と比べると電チュー性能が悪くなってしまったから、甘デジでST80回以上もいらないんじゃないのって思う。なかなか玉を残すのは難しそうだ。

さて、今日の『リング』はどうかといえば、いつだったか見た時よりは少しは開いた格好となっている。この間もカースケ先生と話をしていたんだけど、我々はパチ好きというよりも、むしろ技術介入によって他人より1回転でも多く回せたり、玉を増やせたりする行為が好きなのではないだろうかという意見で一致した。乱暴な言い方をすれば、回らない、もしくは回せない台には興味がないということ。ただし、昔の台だけは別。無条件で面白かったと言っても言い過ぎじゃないだろう。

いつもこうだといいんだけれど、座ってすぐに金の「呪」の文字が出現。金というよりも黄色に近い。前作のほうが好きだったな。「貞セグ」が完成し、「貞子終焉リーチ」へと発展。さすがにこれは当たるだろう。久しぶりだったので「Welcome」と言われているようなのかな、あっさり1000円で大当たりとなった。残念ながら昇格は叶わず、4Rの大当たりがスタート。せっかく喜んでも、この1発で終わってしまえばきっとすぐに現金投資の憂き目に遭うに違いない。

STに入るとわずか5回転目、「カウントダウン」が発生し、なんと「レインボー」のエフェクトまで出現。当然ながら大当たりとなって「555」はもちろん「777」へと昇格したのだった。これでちょっと一安心。もう1発くればさらに安心で、もう2、3発ならばかなりの確率で勝利が転がり込んでくるに違いない。しかしそんな期待も虚しく、この1発で連チャンは終わってしまった。16Rが出たとはいえ、中途半端な出玉だこと。

それでも次も早い段階でチャンス到来。115回転目、画面に赤く「来る」の文字。前作ではけっこう熱かったような気もするがどうだろうか。さり気なくビデオの画面の「REC」の文字が金色に変化。おっと、猫群も出た。再び「貞子終焉リーチ」となって「444」と3つ揃った。今度もSTに入ると早々とチャンスがやってきた。まるでさっきの残像を見ているような感じ。「カウントダウン」が発生し、当たった。ただし、違うのは「222」から図柄が動かないこと。4Rが2連チャン。

これで終わっちゃうと厄介だなあなんて思っていると、その20回転目、「怨念の注入」演出が始まった。これが待望の「777」となった。1歩進んで3連チャン。ん〜、テンパイしそうでしない。そんなことを繰り返しながらSTは過ぎ去ってしまった。玉も上皿の半分ほど持っていかれてしまったじゃないか。ちょっと困ったなあ。といったところでほかの台はもっと右がひどい。回りだって、この台は辛うじてほかよりもステージ性能がいいので、少なくとも隣りやその隣の台と比べると打つ価値があるってこと。

早い当たりが2回続いた後は、ピタリと止まってしまった。赤い文字がたまに出る程度で、リーチもまず当りそうもないものばかり。保留も時々緑に変化するものの、前作と違いほとんど空気に近い。たいがいは突確演出に発展し、何もなく終ってしまうパターンだ。面白くもなんともない。

軽く300を超え、400も超えるかと思った手前のところで、今日初めてその保留が緑から「赤」へ変わった。さすがにこれは熱い。これまた本日初の「デンジャー柄」が背景に出現。こうなると強い演出のオンパレード。金の「呪」の文字。そして「アツい」の文字まで出たぞ。「貞子終焉」かと思いきや、「貞子覚醒」のほうだった。大丈夫かな? よしよし、当たったぞ。今度は「111」の図柄だったので10Rからのスタートだった。これだけでも随分と楽な気持ちになる。しかしどうも今日は、早々と2発目が来てその後は何もなかったかのようにスルーしてしまう展開が多い。今度もわずか8回転目に連チャンし、「777」と揃いはしたものの、ここでストップ。


辛うじてつながったが……

この後も当たるには当たったが、いまひとつ勢いがない。218回転目、通常時に今日初めて「呪いの手ギミック」が落下した。「貞子覚醒リーチ」でカットインが「緑」。これは駄目かなと思ったら、当たりとなった。ギミックが作動したとはいえ拾い物をした気分。喜んだのも束の間。相変わらず連チャンが弱いのだ。とうとう4Rが1回で終了してしまった。次も300回手前のところで当たるには当たったが、これもまた4R1回で残念な結果。そうこうしている内に、持ち玉が底をつく。ん〜、これは想定外だったなあ。

どうしようか。ぶん投げるか、それとも続行しようか。ここですんなりヤメることができればいいが、そういうわけにもいかないのがパチンコの悩ましいところ。しかたなくサンドに金を入れる。どこで食い付くかなって思っている間もなく、チャンスがやってきた。疑似連が3回続いたところで、なんと「ラッキーエアー」が発生したようなそうでもないような。ほら、ちびすけタッキーだから背筋をピンと伸ばしていないと、風を感じない時もあるのだ。おまけにニット帽も被っているからなおさらだ。

もっともかかったリーチは「貞子終焉」なので、吹いてなくたって当たるだろう。やっぱり風は吹いていたということで、当たったのだった。飲まれてわずかに1000円買い足した203回転目、「555」と3つ揃った。STに入った11回転目、「怨念の注入」となり「222」。残念、昇格せず。と、ここまではよかったが、結局今日はずっとこんな感じなのだろうか。1度も「デジャヴパニック」が当たらない。とうとうこの2連チャンで終わってしまった。

やがて持ち玉も危なっかしい雰囲気になってきて、いよいよ万事休すかなと思ったところへ疑似連が発生。3回目に突入し、「鳴り止まない恐怖」へと発展。ちょっと弱いかなあと思っていると、待ってましたの「デンジャー柄」のカットインが出現。ふぅ助かったあと思ったら、外れてしまったじゃないか。それでも復活大当たりの多い台なので、まだまだ大丈夫と余裕でかまえていたら、ホントに外れてしまうとは。あ〜無情。

結局、玉がなくなったところで戦意損失。わずか2000円の負けとはいえ、久しぶりのデジタルで引きずるなあ。パチのほうは、春の訪れ遅しといった感じだが、季節だけは確実に春へと移りゆくこの頃だ。外に出ると、先週までとは明らかに違う木々の香りが鼻をくすぐる……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る