> > 『フィーバークィーン』他 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『フィーバークィーン』他  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 朝起きるといやはや爽やかな空気だこと。昼間になれば、気温が相当上がるとテレビのお天気お姉さんがニコニコしている。桜はいよいよ満開だろうな。そう言えば先週は大花見宴会があった。参加はなんと延べ100人以上! 計画から仕切りまで関わったので結構大変だったが、天気にも恵まれ大成功だった。

問題だったのは場所取り。前日まで下見をしていた場所を確保するのは容易ではなく、いろいろな問題が発生したが、なんとかクリアできた。ご多聞にもれず参加者中、最も若い衆がその担当であった。

昨日ネットで目にしたが、各地の花見場所では片付けがいい加減で、ゴミの放置もかなりあったらしい。もちろん、冬月たちはちゃんと片付け! 来た時よりもむしろ綺麗にしてきたよ。

若い者のモラルが低下してるとか、わけ知り顔の批判もあるが、実際はそんなことはなく、むしろ年配者の方が悪いケースが多いように思える。ホールもしかり。昔から台を叩いたり、くわえタバコなどマナーが悪いのは大人。若い衆はおしなべてマナーがいい。まあ、個人差があるからそう決めつけるのもよくないが、少なくても「今の若いやつらは」とドヤ顔で言う方は、どこか信用できなかったりするな。

さあ、今日も朝からホールへ。先日、思わぬ大勝ちを拾った『フィーバークィーン』を打ってみようかと思う。よってO店へ。あの時、1000円20回転はクリアしていた。その釘が残っているかどうかがポイント。あまり期待せずに朝イチから並ぶ。店に着くと先客は3人のみ。

見知った顔の常連さん。「最近どう?」などたわいもない話をしているうちに開店となった。以前は「軍艦マーチ」だの「トゥルース(T-SQUAREの)」だの威勢のよい開店ミュージックが流れたものだが、最近はメーカーから提供される機種BGMなんかが多いかもしれない。

慌てることもなく、粛々と入店する。ガラガラの店内をゆっくりとくだんのシマに向かう。おや、残念。前回打った台はヘソがシメ。まあ、これは想定内。隣も同様。ところがまるで罠のように角台にアケがあるじゃないか。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る