> > 『ぱちんこ冬のソナタ Final Sweet Kiss Version』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ぱちんこ冬のソナタ Final Sweet Kiss Version』  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 いつもの時間に朝起きようとするが、なんだか寒い。布団の温かさが久しぶりに心地よいのだ。冬みたいだな!?と思いつつ窓の外を見ると、驚き桃の木なんとやら。みぞれまじりの雪が降っているじゃないか。

「寒の戻り」という現象だろう。これで残り少なくなった桜の花もみんな散ってしまうだろうな。咲けば散るのが花の宿命とは言え、まさか冷たい雪によってそうなるとはね。FMを聞くと4月の雪は都心では5年ぶりだそうな。

そう言えば、一昨日見かけたツバメたちの姿もない。まさかどこかに飛んでいってしまったのだろうか。軒先に巣が作りやすいような板でもくくりつけようと思っていた矢先なのだから、また姿を見せておくれ。

さて、本日はカレンダー的に朝から稼働と行きたいところだが、都内で某機種の取材がある。みぞれまじりの雪に濡れ、寒さに震えながら出かけた。ド派手な新機種発表会が終わって地味な地元に戻ってきたのは昼過ぎ。

I店の駐車場に車をスルスルと入れると、いつも停めているところはすでに一杯。立体駐車場の上の上まで移動することに。悪天候だけどそれなりにお客さんが来ているということね。よかよか。店内に入ると、それでも4パチのシマはたいしたことがない客付き。1パチはほぼ満席なのにな。

甘デジのシマを見ていくと、無理すれば打てる子が1人いた。釘を見ていると後ろに気配が……。振り返るとリュウジくんが立っていた。ニコニコして「某店行ったけどダメだったんすよ〜」と今来たとこらしい。どこも厳しいね。とりあえずその子を一旦押さえたが、まだ見ていないシマに急いで足を運ぶと、おっと足が止まったのが『冬ソナ・甘』。導入以来、一番の開けと言っていいだろう。

寄り釘とスルーなどをしげしげと見て、こちらにもハンカチを置いた。しばし考えてくだんの子から『冬ソナ』へ移動することにした。元々寄りはよくないがこのヘソならば打ち方でなんとかなるだろう。慎重にストロークを構えて打ち出す。ポツンポツンと3個ばかりヘソに入る。おやまあ「プププ」ときたじゃないの!! ずいぶん久しぶりのエアーバイブ。これいいよね。自分だけ感じる優越感というか。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る