コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

連続成敗!『CR暴れん坊将軍 怪談FPS』  
 

実戦データ
店舗名 関東某店
換金率 33玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有可
機種名 CR暴れん坊将軍 怪談FPS
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
3500円78金文字・疑似連三回・ラッキーパト吉宗降臨
99タイトルロゴ(赤)成仏チャレンジ
77赤保留・タイトルロゴ(赤)雪女
9幽霊即撃
31タイトルロゴ(レインボー)ろくろ首
27タイトルロゴ(赤)成敗
5幽霊即撃
129赤保留・怪談物語前兆ゾーン・デンジャー柄ろくろ首
345金エフェクト・タイトルロゴ山姥(最終章)
70赤保留・タイトルロゴ(赤)女郎蜘蛛
82ラッキーパトろくろ首
4幽霊即撃
25幽霊即撃
280赤保留ろくろ首
230金エフェクト・金カットイン雪女
86緑保留極成敗
78幽霊即撃
276疑似連三回ろくろ首
41赤保留・タイトルロゴ(赤)ろくろ首
87雷雲ゾーン成仏チャレンジ
89雷雲ゾーン・タイトルロゴ(赤)成敗
14カウントダウン幽霊即撃
12カウントダウン幽霊即撃
176赤エフェクト吉宗降臨
229デンジャー柄保留・赤チャンス目・吉宗対決発展演出ろくろ首
79極成敗
17カウントダウン幽霊即撃
129黄保留・ラッキーパト番町皿屋敷
467怪談物語前兆ゾーン・吉宗対決演出女郎蜘蛛
32赤保留山姥
51成仏チャレンジ
76赤保留・赤提灯幽霊即撃
85雷雲ゾーン幽霊即撃
109終了
総投資額 3500円
総回転数 3624回
大当たり回数 33回
確変回数 7回
総出玉数 10800個
換金額 32000円
収支 28500円

今日も楽な立ち上がり……

パチは逃げるも戦うも自由だが、これとていつかは帳尻合わせのようなものも来る。要するに、ハマリからは逃れられないということ。経験上、そんな風に思うから持ち玉になった時ぐらいは逃げずに立ち向かおうと日々心に強く言い聞かせている。前回、なんとか逃げずに打ち切れた『CR暴れん坊将軍 怪談FPS』。翌日、まさかの釘据え置きだった。2日連チャンで打つとは思いもよらず、しばし台を前にして立ちすくむオレ。

とはいえ、週末だし喜んで打つべきであろう。腹をくくって、今日も1日打とうじゃないか。さっそく打ち始めると、最初の1000円ではたったの17回の回り。昨日と寸分違わない釘ならば、やがて回りは上がってくるだろう。次は25回。3000円でなんとか70回まで上がった。さらに回したところで、早くも金色だと思うが、疑似連が発生。これが2回、3回と続いて「吉宗降臨」となり、「ラッキーパト」も出現。あっさり当たってしまった。使ったお金は3500円也。今日もひとまずは楽な展開に感謝。

しかしこれは通常からのスタート。さすがにそう何度も自力で大当たりを引いてくるほど、甘くはなく時短が終了。なんの見所もなかったのは残念。そう思った99回転目、「タイトルロゴ」予告が発生。しかも赤だ。これが「成仏チャレンジ」へと発展し、今日もまさかの大当たりをゲット。しかも「七」図柄が3つ揃った。STに入ると後半に差しかかった77回転目、保留が赤く変化。前半の赤はどうにもならないが、中盤から後半ならばチャンスだ。「雪女」のリーチで当たった。6Rだけど、続いたことに感謝しよう。次は早々と9回転目に当たった。そしてこれが「七・七・七」へと昇格。序盤からなんと7連チャンの快挙。

終わってすぐのこと。129回転目、保留が赤く変化。「怪談百物語」はまずまずチャンス。ギミックも落下し「ろくろ首リーチ」に発展。昨日もそうだが、画面の上からしずくのような物が落下。今ようやく意味がわかったぞ。そのまま画面下に消えてしまえば、ハイそれまでということ。このしずくが画面いっぱいに広がることでカットインとなる。消えた場合はボタン連打でカットインを表示させるのだ。今回はデンジャー柄のしずくが画面に広がり、そして大当たりとなった。しかし今度も通常で、時短でもとうとう何も起こらずスルーしてしまった。

次はちょこっと回すこと345回転目、「山姥リーチ」が「最終章」となって当たった。それはいいがまたしても通常とは。ため息混じりの70回転目、赤い保留変化発生。「タイトルロゴ」予告も出現。これも赤色だった。「女郎蜘蛛リーチ」がものになった。これが幸運にも「三」図柄を呼び込んだ。このあと、3回ばかり連チャンしたものの、全部6Rだった。ん〜、こんなものか。


通常ばっかりなんだけど……

今日はどうしちゃったんだろう。時短で当たるものの、初当たりがすべて通常ばかり。今度もそう。赤い保留から当たるには当たったが、6Rの通常に泣く。しかしその99回転目、またしてもチャンス到来。赤い保留がきた。「女郎蜘蛛リーチ」でもらったかと思いきや、とうとうハズれてしまった。それでも、初当たりだけは相変わらず早かった。230回転目、金の演出が何度かあって当たった。そして本日初の確変からのスタートだった。3連チャンと寂しかったが、右で当たった2回は16Rだった。

2日も続けて打つとガチャガチャざわざわも慣れてしまった。眩しいのと音がうるさい以外はあまり気にならなくなった。『リング』だと、ボリュームを目一杯絞ればかなり静かになる音も、『暴れん坊将軍』ではほとんど効果なし。おかげでハンドルを握る手は単気筒のバイクでも乗ってるような感覚になる。こんなにいくつもスピーカーはいらないから。少しずつ右手の感覚がおかしくなる。このあと、6連チャンし、さらに通常が1回。229回転目には初めて目にする「デンジャー柄」の保留変化。思わずブログのために恥ずかしながら写メを撮る。これが3連チャンとなった。

もう1発早い当たりも確変ゲットながら、本日初のスルー。ちょっぴり嫌な予感漂う中ドル箱が1つ2つとなくなってゆく。ちょっと逃げ出したくなったが、ここは最後の踏ん張りどころ。とはいえそろそろ打つ時間もなくなってきてはいる。このドル箱がなくなったら終わりかなあと思っていると、とうとうきた467回転目。本日初の「怪談千物語」発生。ギミックも落下し、さらに「吉宗対決発展演出」も出た。これが出るのと出ないのとじゃ大違い。「女郎蜘蛛リーチ」となり、「ラッキーパト」も出現。もちろん大当たりと言いたいところだったが外れてしまい、万事休すかと思っていると、復活の大当たりとなった。ふぅ〜、危なかった。ところがこの期に及んでまた通常とは。はあ、と今度はため息が出た。

しかし、またまた時短でチャンス到来。32回転目、保留が赤く変わって「山姥リーチ」がものになったのだった。ここから3回ばかり連チャンし、STが終わったと同時に長い2日間の稼働にもピリオド。辛い辛いと言いながらも軽い当たりと、まずまずの連チャンに救われた両日だった。右が駄目な分、出玉が弱いが今日のところは納得して帰ろうか。

よ〜し、2日間逃げなかったおかげで、ふつふつと得体の知れぬ勇気が湧いてきたような気がしてきたぞ。なんてちょっと大袈裟かな……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る