> > 『CRくのいち 彩 FPW』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRくのいち 彩 FPW』  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 朝起きると寒いぞ、なんか。窓を開ければ雨雨雨。土砂降りではないけど、かなり降っている。ほんとに春の空は不安定だ。かく言うパチンコも元々不安定な遊技だが、このところは展開に恵まれる日が続いていて、よくも悪くも低いところで安定している感じ。

昨今、2、3軒の店だけでなんとかなるわけではないのだが、そもそもジグマなので動き回るのは性に合わない。正確には怠け者か!? いや冬月自体は意外とそうでもない(と思う)。動き回っても成果が見つからない経験が積み重なるうちに、動かなくなったような気もする。

かつては他県まで足を伸ばして1日100キロ以上走ったこともあったが、今あの辺りはどうなっているんだろうか。気になったので出かける前にネットで検索してみたところ、かなりの店がすでになくなっていたではないか。「ああ無情」だな。

いやはやそれにしても寒い。出かけるべくジャケット1枚で外に出たが、あわてて家の中に戻ってコートを羽織ることにした。車での外出の際は基本的に薄着なのだが、巷では風邪ひきの方もいるようで、身体が資本なのだから健康に留意ってことで。とは言うものの、ここ数年、健康診断なるものを全然受けていない。食生活とかは相変わらず多少は気にしているので問題はないということにしておこう。

I店に着いたのはちょうど定刻くらい。先に入場した数人の後塵を拝して入店する。カレンダー的には厳しいだろうな。そんな予感どおりの展開(釘)だった。甘デジ、マックス、ミドル……どれを見ても食指は動かない。あえて「打つ」ことを選択するとなると、触ったことがない機種だろうか。見た目はそこそこ打てそうな面構えな子が数人。

しかしながらゲージが厳しい機種が増えてきたので、この程度のヘソで足りるのかどうか甚だ不安でもある。今日のところは「勉強打ち」でいいだろう。経験値を積むことが肝心でもある。見た目から全然ダメ!を除いてチョイスしていく。まずはこれからと腰を下ろしたのは『貞子マックス』。ヘソはまあまあ。ステージ性能も悪くないタイプだから、なんとかなるかとおもいきや、なんともならず。1000円で捨てる。

玉の動きが悪すぎる。初当たりまでいくら使うことやら、気が遠くなるような感じだ。よって甘デジコーナーに赴き、着席したのは藤商事の『CRくのいち 彩 FPW』。この店ではまだ打ったことがない。釘の全体像を見る限りはなんとかなるような気もする。

ともあれ、打ち出すとパタパタと調子よくヘソに玉が流れた。ステージからも2個。なんかいい感じだこと……。と思いきや、すぐに「ラッキーS」のカットインが発生。これは出現率が低めでそれなりにアツいはず。擬似連が絡んで、忍者とのバトルリーチに発展した。おっとそのまま大当たりになってくれた。投資は1000円。このところ安く食いつくことが多い。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る