コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

上へ下への『CRAトキオデラックス』  
 

実戦データ
店舗名 関東某店
換金率 25玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉共有可
機種名 CRAトキオデラックス
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 3000円
総回転数 1488回
大当たり回数 69回
確変回数
総出玉数 10111個
換金額 40000円
収支 37000円

序盤からものすごいことに……

ま、そんなわけであれ以来ずっと『CRAトキオデラックス』を追いかけている状況が続いている。毎日、ちょっとずつ釘は締まっているのだが、今日はもう限界かなと言いながら、もう1週間近く打たせてもらっているのはありがたい限り。まあおかげで朝もそれなりに早く、毎朝子供達が学校へ行った後に二度寝していた楽しみは減ってしまったけれど、仕方あるまい。当然ながら夜も遅い。閉店の声を聞くまで打ってるものだから、家に戻るのはたいがい日付が替わろうかといった時間なのだ。

さて、本日も『トキオ』なり。釘のほうはもう日に日に写真判定気味に締まっている状況だけど、それにしても今日のこの釘をいきなり見たら悲鳴をあげてしまいそうな落としなのだ。まあ見た目よりは鳴くが、それでも耐えられる自信はない。案の定、1000円打ったところで鳴きはするものの、ひとつも羽根に拾われないじゃないか。いや、これもうやばいんじゃないの。2000円でようやく2つ拾った玉が、あっけなくV。6Rはこれまたあっけなく飲まれて、さらに1000円を買い足したところで15個目の玉が、勢いよく回転体を飛び越えVゾーンを直撃した。『トキオ』で一番好きな当たり方だ。これが15Rとなった。

そしてここから面白いようにVが決まり、しかも15Rのオンパレード。あっという間にドル箱を下ろすような展開。するといつもは快適なお店だが、突然、従業員に張り付かれてしまった。いやぁまいったな、こんな風景何年振りだろうか。昔はこんな光景は日常茶飯事だった。来る日も来る日も従業員との対峙。確かにパチンコの状況は一変してしまったが、昔のことを美化し過ぎるのもどうかなと思う。5年先、10年先はどうなっているのか神のみぞ知るだが、少なくともオレ達には明日という未来がある。だから過去は振り返らずに進んで行こうと常々思っている。

話はそれたが、この間も言ったけど、「オレの背中に立つんじゃねえ!」って従業員には通用するのだろうか(笑)。結局、パチ屋なんてこんなものさ。普段はニコニコしているクセに、ちょっと玉が出るとこうなる。とはいえ、オレはこういうの好きだなあ。だって燃えてくるから。よ〜し、こうなったら遠慮せずにガンガン行こうじゃないか。軽く従業員をやり過ごし遊技続行(笑)。

あっという間に10回の大当たりを記録。6Rが2回、2Rがわずかに1回出ただけで、あとは全部15Rだ。今日は珍しく、いつもは序盤ほとんど決まらないSPが気持ちいいくらいにぴったりVゾーンと合う。11回から20回までの当たりで、役物入賞が10個を超えてしまったのはわずかに2回だけ。あとは一桁の当たりがずっと続いたことになる。すげえな、この台。お〜、なんと30回までは全部一桁の当たりとは、恐るべし。

この30回の大当たりの時点で15Rは16回も当たってしまった。午後3時の時点で早くも12000個の持ち玉となる。そりゃ、従業員も張り付くはずだ。でも遠慮しちゃダメ。いずれどこかでスランプがきて落っこちることがあるのだから。それにしてもこの後の展開が楽しみでならない。今日もとんでもないことになるのか!?


なが〜いスランプ突入……

しかし、30回を超えた途端に15Rが影を潜める。当たりは相変わらず早いが、とにかく2Rと6Rのラッシュが続く。ん〜、どこまで出ないのか。結局、12回ばかり1度も出ず、ようやくてっぺんまで行ったかとホッとしたのも束の間。今度はスランプが待ち受けていようとは。あれだけ決まっていたSPも簡単にハズすようになり4度立て続けにハズしてしまい、ようやく24個目のノーマルルートが決まる。しかしこれも2Rの当たり。

その後、早い当たりが2つ3つ続き、スランプ脱出かに思えたが、さらに深いハマリに遭遇。なんとSP連続8個ハズしとは恐れ入ったぞ。スタートも100を超え、54個目の玉がようやく食い付いた。しかし15Rは出ず。夕方になったあたりからギリギリの鳴きも、いよいよ危うい感じになり、もはや羽根物とは呼べない代物になってきた。一発台でも打ってるような雰囲気だ。12000個あった持ち玉も、箱がひとつ減り、2つ減りと、とうとう8000個まで持っていかれる始末。いやあ痺れるなあ。そうだな、CR機でいえば1000円12回ぐらいの台を打ってるような感覚なのかな(打ったことはないが)。

この深いスランプは夜になってもなかなか抜け出せず、再び100回手前まで持って行かれ、危うくぶん投げそうになったところで15Rをゲット。結局、スランプというよりも、釘が足りない分ここまでの台ってことなのだろう。とはいえ、このV入賞率を考えると、釘は足りていることにはなる。そしてこの15Rを皮切りに、早い当たりが3発続けざまにきて、それらすべてが15Rとなる。これで一気に1万個超えまできた。あともうひと踏ん張りのところで、またしても当たらない時間がやってきた。寄りも悪化し、落とし96回のところで、当たりを見ることもできずに閉店の時間となる。結局、なんだかんだと今日もこんな時間。でもそろそろ終焉の時が近付いているだろうか……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る