> > 『フィーバークィーン』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『フィーバークィーン』  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 最近、また地震が多くないか。昨日も一昨日もグラリグラリと何度か揺れた。そんな時に 志賀原発(石川県)で「活断層の可能性を否定できない」ということで、1号機は再稼働できず廃炉を迫られる公算が大きくなったというニュースが流れた。

あの3.11以来、活断層の真上に原子炉など重要施設を造ることを認めていないわけだから、当然と言えば当然かもしれないね。というか日本は世界有数の地震大国だから、あちこちそんな感じなんだろうな。揺れないところはまずない。

ネパールの地震被害はその後も深刻なようで、一刻も早い復興を願っている。願うだけで実際には募金くらいしかできないのがなんとも歯がゆいわけだが……。そんなことをつらつら思いながら今日は朝イチから打ちにいこう。

あちこちで新台入れ替えのシーズン。I店はたしか『フィーバー宇宙戦艦ヤマト』が入るはず。この機種は某所から頼まれて開発に少しだけ関わったので、ぜひとも打ちたいと思っている。あまり詳しいことは書けないが、ユーザー目線でストレスが少なく、いい作りになっていると思う。

しかし、昨今は新台イコール回収モードだから、打つのはしばらくして落ち着いた時になるだろう。新台で打ちたいのは山々だけど、ボーダーラインを切ることが確実では、さすがに手を出すことはできないわけで。そんなことを考えながらI店に向かう。

並びは少ない。ひと昔前は新台入れ替えともなると、長蛇の列ができたもの……毎度思うが、隔世の感あり。そういえばK店なんかは、抽選結果にハラハラドキドキしたものだ。小さな店だったので新台の数は10台くらいしかなく、倍率4〜5倍はザラだった。初日は特に回る調整にしてくれていたので、その分期待値も高く、人が多く集まったものだ。

のんびりと列の後ろに並んで入店する。しかし、予想以上に調整は厳しく、新台も旧台も打てる状態ではない。無理すればどうかな?と思いつつ店内を2周してみるが、やはり無理なものは無理だろう。10分後には退店となった。次に向かうはS店か。

こちらも新装開店日になっているはず。ここも全体状況は、新台=回収なので慌てる必要はない。車を走らせてS店へ。店に入るといつもよりは人は多いが、それでもまだ十分なほど空き台はある。新台コーナーはさすがに満席だがそのほかはまだまだといった風情。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る