コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR暴れん坊将軍 怪談FPS』  
 

実戦データ
店舗名 関東某店
換金率 33玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉共有可
機種名 CR暴れん坊将軍 怪談FPS
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 3000円
総回転数 3158回
大当たり回数 20回
確変回数 4回
総出玉数 595個
換金額 貯玉
収支 -3000円

少ない投資にホッ……

その肝心のパチのほうは相変わらず羽根物ばかり。デジタルを回すのはせいぜい週に1度か2度くらいだろうか。もちろん、このコラムのために回すわけだが、そうはいってもわざわざ負け覚悟で行くわけにもいかない。ん〜、それなりに悩ましい日々を送っているこの頃なのだ。今日はその羽根物もパッとしなかったので、Mくんのいる店へお邪魔したかたちだ。最近デジタルを回すと言えば『リング3』か『暴れん坊将軍』なので、できればこの2つは回避したい。

そう思って遅ればせながら店に着くと、いつもは甘デジコーナーにいるMくんが『CR暴れん坊将軍 怪談FPS』に座っているじゃないか。きっと、甘デジは全滅ということだろうか。聞けばこれしか打つ台がないとか。ざっと釘を見た感じ、おっしゃる通りこれしかないのね。まあしょうがあるまい。背に腹は代えられないってことで、Mくんとは1台空けて『暴れん坊将軍』に着席。もう、打つ前から「ふぅ」っとため息が出た(笑)。

回りはもう釘を見ればおおよその見当はつく。まずは1000円。思ったほど上がらないものの、迷うことなく2000円目を投資。おっと、いきなりここで「赤保留」が出たぞ。期待して見ていると、なんてことはないリーチが最終段階までも行かずハズレとは驚いた。もはや「赤」さえも空気なんですかねえ。もう「緑」なんて、当たりませんよって言われているようなもので、オレの中ではトイレ休憩でもある。

さらに3000円目、なんてことないリーチが「雪女」に発展し、まさかと思ったけど当たってしまった。びっくりするほどでもないが、少ない投資で食い付いたことにホッとした瞬間だった。ホッとしたのはいいが、この当たりは通常だった。100回の時短を消化。見どころもなく後半へ突入。そろそろ終わりかなといった91回転目、なんていうリーチなのか、若いお姉さんが出てくるやつ。小冊子を見ても載ってないし。まあいい、そのリーチで「四・四・四」と揃ったのだった。

6Rのままだったが、終わってしまうよりは断然いい。当然ながらSTに入ると、わずか7回転目、「一・一・一」と大当たり。ん〜、相変わらず15Rが引けないね、この店は(笑)。48回転目にはST中とはいえ、空気のはずの緑の保留がモノになった。今度は「三」図柄へと昇格した。悪口言ってたのが聞こえたのか、ここからさらに緑の保留が立て続けに当たる。こんなの初めてだ。なんと5連チャンも緑が当たってしまうとは。ごめんなさい(笑)。結局、通常図柄から始まったものが、最終的には9連チャンまで伸びた。

隣の隣で、せっせと現金投資するMくんを見かねて、ドル箱ひとつをシェア。当然ながらこの程度の持ち玉じゃ心許ないのは承知の上。このまま飲まれたら飲まれたで、それはそれで構わない。Mくんに貸した1箱分はプラスで終われるのだし。案の定というか、9連チャンした後は、379回転目に単発。さらに次は522回転を要した。危なっかしい展開になってきたと思ったら、今度はMくんのほうが上向き。困ったことに、貸したドル箱ひとつ、早々と返ってきてしまったじゃないか。これもけっこう想定外のこと(笑)。


最後の最後で……

最後までやれってことなのか。522回転目の当たりは辛うじて3連チャン。ただ15Rは当たらず。お次は306回転目のところで「怪談物語前兆ゾーン」となって、保留にも「熱」の文字がくっ付いた。「ろくろ首」のリーチの後半で「ラッキーパト」も出現し当たった。確変にはなったものの、今度はわずかに2連チャンで終了。その後は「七」テンパイもハズし、よいとこなしだった。

366回転目、今度は「三」図柄がテンパイしたぞ。これが疑似連も3回続いたあとに「ラッキーパト」が出現。え!?と思っていると、なんとこのまま大当たりとなった。また3連チャンと短いながらも15Rが2度ばかり当たった。オレはもうすっかりこのざわざわにも慣れてしまったが、慣れてないMくんはかなり辛い様子。220回転目には久しぶりの通常当たり。できれば、もう1回デカめの連チャンがあればいい感じでヤメられるのだが。

しかしなかなかそう上手くは行かず、オレもMくんも計ったかのように、いや図られたかのように、ピタリと当たりが止まってしまった。今ではもうざわざわさえなくなってしまったほど何も起こらない。400、500回と、とうとう残り数100個となる。万事休すかと思った551回転目、突如画面が「金」の文字とエフェクトで埋め尽くされた。残り、上皿少しのところで当たったのはいいが、この期に及んで単発とは。100回の時短もあっさりスルー。さすがにこの玉を打ちこむほど、もう気力はない。Mくんもわずかばかりの玉を流して終了と相成った。

相変わらず勝てない店だねって、2人で話しながら店を後にすると、外は土砂降りの雨だった。まさに、泣きっ面に蜂、踏んだり蹴ったりとはこのことか。スローな曲でも聴きながら、ゆっくり帰ろうじゃないか……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る