> > 『CRAトキオデラックス』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRAトキオデラックス』  
text by タッキー
 
筐体画像 最近、釘を見誤ることが少なくない。歳のせいなのか、それともお店にいっぱい食わされているのか定かじゃないが、失敗が時々ある。開けているのは確実なのだが、結局は足りなかったり役不足だったりして、思うような結果が出ない。それでいて翌日にはきっちりと締まるのだから、よくわからない。締め過ぎたのを修正したのか、遊ばされたのかは不明。そんなことが2日、3日と続くと疑心暗鬼にもなる。

とはいえ、たまにはお店にいっぱい食わされるのも本意ではないが、必要なのかもしれない。年がら年中1番台をゲットしていれば、そのうち釘も開かなくなるし、一般のお客さんにも反感を買うだけ。運に左右されにくい羽根物は釘を開けないかぎりそうそう出ることはないので、どうしても目立ってしまうのだ。デジタルとは違い、長くいればいるほどやりにくくなるのが羽根物稼働の欠点。昔のように寛大なお店が少なくなってきたので、なおさらだ。でもそろそろちゃんとした台を打ちたい。

そんなこんなで、いつもの羽根物の店。ここのところ開けが弱かったが、昨日あたりから少しずつまた開けるようになってきた。週明けはほぼ駄目だったのに、週末にかけて開けがちらほらといった状況。この数日は癖のいい『CRAトキオデラックス』でなんとか凌いできたような状態だった。釘も完全には締めきってなかったのが幸い。そんなわけだから、この1週間はデジタルを一切回さずに済んだのだった。今日こそは本物の開けを期待して入場……。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る