コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『フィーバークィーン』  
 

実戦データ
店舗名 関東S店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 フィーバークイーン
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 10000円
総回転数
大当たり回数
確変回数
総出玉数 3298個
換金額 13192円
収支 3192円

横の比較

データを見ると、大当たり23回となっている。時間帯から考えると、お店のプラスではなかろうか。しかし、グラフを見ると途中で二桁の連チャンが記録されているので、一撃で玉が出ている感じで、あとの回転数は伸びていないから、案外プレイヤーの勝ちなのかも。ただし通常回転率によってそれは変わるので、やはりパチンコの原点である回りは大事なのだ。デジパチはそれがすべてと言っても過言ではない。

この店では1000円19個もアレば御の字なのだけど、果たしてそのラインを越えているのだろうか。打ち始めると当初はいい感じで回る。ステージからの入賞にやや難はあるものの、ヘソに絡んだ玉がきわどい感じでポツリポツリとヘソに入ることがわりとある。これはヘソのサイズがいい意味で影響しているのだろう。2000円で40個ぴったりの回り。

出玉はそんなに削らない店なので、あとは展開しだいということになる。心の中に少し元気がわいてきたぞ。まあ、いけるとこまでいくとしよう。3000円、4000円と投資していくが、当たりはなかなか来ない。何度打っても法則性がつかみにくい前兆演出に少しばかりヘキエキしながら進む。5000円ちょうどのところで、キングと何かのダブルリーチが発生。前兆がわりと偉そうだったので期待したが、あえなくハズレ。

やっぱりよくわからないのだ。6000円、7000円と投資が続く。8000円目でなんの変哲もないシングルリーチでジョーカーが揃う。うーむ、もう少し法則性をもたせてほしいぞ。と、当たっていながら心の中でブツクサ唱えた。この当たりは単発だったが、時短が終わるともう一発当たりが来た。こちらは前兆が続いての当たり。

STで当たってくれて2連チャン。時短では当たらず。しかしながら玉持ちがよくない。もともと狙いにくい電チューサポートではあるが、下部の電チューに寄りにくい玉の動きによってますます苦しい感じ。しかし、回りはそこそこをキープしているので行くしかないか。玉がなくなりかけると当たるといういつものアレで時間がすぎる。7時を過ぎたところで、手元の玉が尽きる。1000円を追加したが、その回りがなんと10回転……。次にワンプッシュしたがわずか3個しかヘソに入らず。脇から嫌な汗が出る感じ。


さて帰る

うーむ。やる気が失せた。席を立とうとしたところで、保留5個目から前兆演出が発生した。これを見届けてオシマイか……と思いきやこれがダブルリーチとなって大当たりですと。浮きかけた腰をもう一度シートにくっつけて、玉貸しボタンを押すことに。

これが僥倖(ぎょうこう)というかなんというか、STと時短で5発。その時短が終わってまたすぐに初当たりと連チャンが続いた。なんだか拾い物をした感じ。こんな時もあるか。負けて帰るよりもずっと精神的にはマシなので、展開に感謝しておこう。結局ずるずるとそれから1時間ばかり。パチンコは当たればよいというものではないけど、当たりがなければどうにもならないのが勝負というもの。

当たれば面白い女王様なり。馴染みの店員さんが、ニコニコしてくれたのでそれに満足して帰ることにしよう。さて、うちのツバメさんは元気かな。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る