コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRリング運命の日 FPSZ』  
 

実戦データ
店舗名 関東某店
換金率
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有可
機種名 CRリング運命の日 FPSZ
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 5000円
総回転数 2629回
大当たり回数 27回
確変回数 8回
総出玉数 14000個
換金額 40000円
収支 35000円

一撃というやつ……

今回は週に1度のデジタルを回す日。その予定だったが、朝はとりあえず羽根物のお店へ。やっぱり打てるならばこっちのほうが断然堅い。来週も新台の『CRA羽根らんま1/2』が全国的に導入されるので、まだまだ羽根物稼働は続きそう。その肝心の羽根物だが、『シンちゃんのおまかせ』が辛うじて打てそうだったので少し粘ってみたものの、最初にだらだらやられちゃうと気持ちも萎える。もちろん、信頼度のある台ならば何があっても踏ん張るが、素性のわからない台だったので4000円ばかり使ったところでぶん投げた。うん、明日もう一度朝からじっくり打とう。さらに言えば、週に1度のデジタルの店は明日以降まず打てなくなる傾向にあるので、今日のところはデジタルのほうを優先したいと思う。

おかげで店に着いたのは午後になってから。それでも手付かずの『CRリング運命の日FPSZ』が数台空きになっていたのは幸い。ん〜、しかしどうだろう。この間と比較するとちょっと弱そうな感じ。空きはあっても開きはなしってか(笑)。まあいい、この際だから少しだけでも入れてみようと思う。右が弱いながらも1000円23回以上はあると思うので。最近この店に来ると結果はどうあれ、初当たりだけは異常に早い。そういえばMくんの姿が見えないなあと思って、連絡を入れると「2時頃までには行きます」とのこと。

しょうがない、それまで粘ってみるか。打ち始めると早くもチャンス到来。疑似連が続き、金のアイテムまで出たというのにハズれてしまった。ん〜、けっこうショックでかいな。気を取りなおす間もなく、今度はあれあれ?っと「宿命の刻印」から両手が無事落下し「貞子終焉リーチ」へと発展。まさかの1000円12回転目の出来事だった。「6・6・6」と3つ揃った。STに入ると、18回転目、「怨念注入」から「5・5・5」。図柄は昇格せずとも、もちろん16Rゲット。その後、1回転目、9回転目と、なんとももったいないところで続けての突確を引く。

また早い1発がきた。リングが赤くなり「7図柄を揃えよ」となって無事「7・7・7」と揃った。さらに後半もう1発きて4連チャンを獲得。回りのほうは今のところ予想に反して2回転ぐらい多い。292回転目、「蘇る亡魂リーチ」で、タイトルが赤くなった。さらに両手も落下。後半「ラッキーパト」も出たというのに、あっ気ないハズレ。すると今度は360回転目、「鳴り止まない恐怖リーチ」の後に、片手だけではあるがギミックが落下。本日2度目の「貞子終焉リーチ」となって、これがモノになる。3連チャン。

次は早かった。102回転目、突確演出から「デジャヴパニック」へと発展。確か女の子は「シヲリ」だったはず。これがいったんハズれた後に復活の大当たりとなる。STに入ると、まずは「怨念注入」となり「4・4・4」。46回転目には「的中」の文字。「ラッキーエアー」も吹き「2・2・2」。このSTの途中で、Mくんがやってきた。じゃあ終わったら飯行こうということになり、悩ましい気持ちでSTを消化。Mくんは打たずに帰るのだとか。まあ確かにこの時間だし、等価でもないからしょうがないね。

こういう時に限って連チャンがなかなか終わらない。5連チャンで終わったかなと思いきや、なんと82回転目に「ラッキーパト」出現で大当たり。ここからさらに突確も絡みながら4連チャンも追加。ようやく終わったよと、Mくんを呼びに席を立とうとしたら、なんと電チュー保留でリーチ発生。「宿命の刻印」となって、もちろん大当たり。「7・7・7」の16Rを頂く。これは2連チャンで終わったものの、11連チャンみたいなことをやらかしてくれた。おかげでMくんを1時間も待たせてしまった。ん〜、今日もオレの奢りか(笑)。


もうちょっと打っていたかった……

この一撃で、この間と同じような出玉になったぞ。飯を食いながら、このまま夜まで食事休憩できるならば、この時点でオレの勝ちが確定するんだけどと。もちろん真面目な会話。小一時間、あれやこれやと相変わらずの生産性のない会話。Mくんはそのまま帰るって言うので、じゃあドル箱、9箱ある内の6箱持ってってと言ってみたものの「ノーサンキュー」の答え。なかなか簡単には勝たせてくれないのだ(笑)。しょうがない夜まで踏ん張るとするか。

どうでもいいことだけど、この台はこの間といい今日といい1度も「赤保留」を見ていない。どうでもいいとはいえ、これが出ないことにはそうそう当たりには結びつかないので、やっぱり重要ということか。近頃、朝の常連さんの話を耳にすると、「魚群」に代わり、この「赤保留」がキーワードになっているようだ。もう「サム」だの「魚群」だのというのは過去の話ということか。

281回転目、青保留ながら疑似連が続く。ホントに出ないね、「赤」。さらに「呪」の金文字も出た。「黒猫群」も飛び出し、「貞子終焉」となったが、まさかのハズレとは。復活に期待してみたものの、あっさり次のデジタルへ移行した。429回転目、鏡の保留「運命?」の文字。「?」は弱い。「!!」ならばまあまあ期待できたのに。ところが、これがあれよあれよという間に強いアイテムがいくつも出てきて、さっきもかかった「再生される恐怖」へと発展。続けての同じリーチは激アツとなる。赤い文字で画面に「再び」と張り付いた。

これがモノになった。しかし何も起こらないまま、STも後半。もうこうなると当たる気はしない。同じ1回転なのにねえ。ところが悪運強く、最後の84回転目にこれまた同じ女の子だったらしく「再び」と画面に張り付き、これが大当たりとなった。乗れてるねえ。このあともう1回当たりを追加し、3連チャン。まあこんなもんでしょ。十分、十分。

徐々に当たりは重くなったものの、492回転目、「8・8・8」と揃った。STに入るとまたしても84回転目に奇跡の大当たり。残念ながら連チャンはこれだけ。当たりは重く、連チャンも軽くなる一方。とはいえ、けっこう楽しめた1日だった。なんのかの言いながらもやっぱり『リング』は面白い。『リング3』も慣れるとけっこう面白いぞ。ちょっとざわざわし過ぎるのは玉にキズ。

できれば、最後にもう1回だけ当たりを拝んで帰りたい。その願いが叶い、当たったものの最後の最後で連チャンはなし。なんだか、この間とよく似た展開じゃないか。玉を流すと、なんとぴったり14000個。ぴったりというのは、常にドル箱には何個入れるか目分量だが、計って入れているのだ。ドル箱7つで綺麗にその数になったというわけ。最高値から玉は減ってしまったが、デジタル2連勝の喜びに浸りながら家路に着いた。いいねえ、この時間ともなると、田舎道は点滅信号が多くなって……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る