> > 『CRAシンちゃんにおまかせ〜羽根モノの巻〜』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRAシンちゃんにおまかせ〜羽根モノの巻〜』  
text by タッキー
 
筐体画像 先日、アメリカとキューバの国交が何十年振りかで復活、なんてニュースをテレビでちらっと観た。まあそんなことは高尚じゃないオレにはどうでもいいことなんだけど、そのキューバの方々はなんと大の親日家だというのだ。ずいぶん前に亡くなった勝新太郎さんの影響で、時代劇などが興味の対象なのだとか。中でも、忍者が大人気らしい。キューバではインターネットの閲覧が制限されていて、気軽に世界の情勢を垣間見ることができない。そんなおかげか、いまだに日本には忍者がいると信じている方がいるそうなのだ。

インタビューを受けていたキューバ人が、夢は日本に行って本格的に忍術を学ぶことだと言ってたぞ。キューバには忍術を教える道場みたいなものがいくつもあるんだって。まあでも、わからなくもない。いまだに日本でも忍者を題材にしたものは少なくないし、水戸黄門に出てくる「風車の弥七」も忍者役だもんな。パチンコにだってあるし(笑)。とはいえ、今の日本を見たらきっとがっかりするに違いない。

ネット社会も、とてもよい部分もあれば当然その逆も然り。この間も、普段はサッカーに興味のないオレでも、さすがにワールドカップとなるとそれなりに注目はする。確か、この間の女子のイングランド戦は朝の放映だった。夜、家に帰ってから一杯やりながらゆっくり観ようと思っていても、携帯というツールを持っているかぎり、嫌でも自然と情報が入ってくる。そういう意味ではホント残念だ。確か、このコラムが公開される日はアメリカとの決勝戦のはずだ。公開される頃には決着がついてるんだろうな。よし、月曜日は家に帰るまで、スマホの電源を落としたままで過ごそうじゃないか。果たして、耐えられるだろうか……。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る