コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR元禄義人伝浪漫 ハヤテの極意』ほか  
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CR元禄義人伝浪漫 ハヤテの極意
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 10500円
総回転数
大当たり回数 0回
確変回数 0回
総出玉数 0個
換金額 0円
収支 -10500円

元禄浪漫

というわけで、いつも打っている甘デジのシマにめぼしい空き台はない。待っていればそのうち空き台は出るだろうが、たまたま空いた台に座るというでは素人さんそのものであり、さすがにそれはね。かつて新規開店の店などではそうしたこともあったけど、馴染みの店でそれはなかろうて。誰も見ていないけど、恥ずかしい。

てことで、店内を2周ばかりして退店である。カレンダー神話健在なり。次に近隣の店を3軒ばかり、ほっつき歩く。気になる台を何台か打ってはみたが、どうにもならない感じだ。大体において見た目が悪すぎる釘ばかり。低換金の店だと見た目が悪くても全体のバランスで回る!という味な調整をするホールもあったけど、今は見た目のマンマである傾向が強い。

都合4000円ばかりばらまいて、結局I店に向った。まだ明るいけど時間的にはもう夜に近い。でも店内はまだ空き台もある。新台コーナーだけは賑わっているが、ほかはそうでもない。てか、これはいつもの光景。

何か打てるものはないかとウロウロしていると、とある台を発見。釘はくちゃくちゃだが『元禄義人伝浪漫』の演出が怪しい。高確率潜伏の匂いがぷんぷんするのだ。小当たりと潜伏当たりがかなり多い本機種。冬月でさえ、最初打った時は何がなんだかわからなかったくらい。それにしてもこの店ではロングセラー筆頭機種で、いつも誰かが座っていることが多い。

入れ替えの激しい昨今においてこうした機種は本当に稀有だし、素晴らしいと思う。かつて半年は当たり前、1年、2年と設置されている機種も多かったものだ。打ち尽くすというか打ち倒すというか……その機種マニアみたいなパチンカーもけっこういた。またはそれしか打たない常連さんも。お店のほうも心得たもので適度に開け閉めして、常連さんが負け過ぎないように、遊べるようにこまめに調整していた。

いわゆる薄利多売とでも言うか、新装開店時には大盤振る舞いの釘になったりね。とかく夢があったもの。古きよき何かってことやね。さて、実戦だが玉を入賞させてみるとやはり潜伏濃厚な演出。ダルマの画面なのだ。


明日は明日の

にしても回らない。500円分の玉でヘソに入ったが4個……さすがにこれでは厳しいわな。打ってたお客さんが高確率を知っていたとは思えないが、知っていたとしてもぶんなげたくなる回り。それでもスケベ心でもう500円。「再」が停止して擬似連が2回。そこからキャラ屏風が出て「金庫破り」のリーチへ。これだけでも十分当たりそうなものだがハズレてしまった。でもアタッカーはパカパカ。

こりゃ間違いなく潜伏だね。というわけでホントに回らない台だけど追加投資していくも、「再」は1回くらいしか出ないし、スーパーリーチにも発展しないまま、じりじりと時間だけが過ぎた。何度かのパカパカを経て、ついに「花札モード」に移行した。まあ、万事休すってやつだ。回らない台なので投資もふくらんだ。ハイエナすけべ野郎、ここに敗れる。

なんだかすっかりやる気が失せた。ここのところ展開に恵まれて勝ちを拾うようなことが多かったが、そうそう都合よくはいかないってことだ。明日は朝から打てる。傷が深くならないうちに、すけべパチンコはヤメにしよう。明日は明日の風が吹くだろう。

こうして日々は過ぎゆく……。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る