> > 『CRA羽根らんま1/2』ほか 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRA羽根らんま1/2』ほか  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 我が家のツバメストーリー最終話。日に日に大きくなるな〜。フンがすごいなあ〜と思っいたら巣の縁に立つことが増えた小ツバメ。そして先週、ついに飛んだのだ。その瞬間に立ち会うことができたのはけっこう感激だったな。

そして、その次の日には全員いなくなってしまった。つまり本当の意味で巣立ったのだ。去年は親鳥と一緒にしばらくは飛行練習をする期間があったと思うけど、今年はそれもなくあっけなく去ってしまった。

毎日の楽しみが減ったなあ。とりあえず玄関灯の上の巣は発火の危険もあるので、しばらくしたら片付けて移設しようかなと思う。日々のフンの始末がなくなるのはありがたくも寂しいものだけど、南の島で大きくなってまた来年には帰ってきておくれ。

さて、今日は朝からと言いたいが、昼間は取材やら何やら都内で用があったので地元に戻ってきたのは夕方前だった。すでに世間様はお盆休みシーズンに入っているので、覗いたS店はほぼ満席だった。というわけで、また貯玉が使えるO店に行く。こちらはS店に比べると、常連さんの比率が高くてまだ空き台があちこちにある。

前回は、『浪漫』に『ベルばら』と懐かしい機種で遊ばせてもらった。空いている台を見ていくと、どれもこれもパッとしない様相。そもそもこの店は基本的に万年釘である。この辺が通い難い大きな原因。やはりこの道でなんとかしようというからには、釘の動きが何よりも大切になるわけで……。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る