> > 『CR大海物語BLACK ライト』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR大海物語BLACK ライト』  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 まもなく8月15日がやってくる。今年は戦後70年という節目でもある。広島の日である8月6日にはプロ野球の広島と阪神の試合でカープの選手が全員「86」という背番号を付けてプレーしたことが話題になった。

アメリカにはジャッキー・ロビンソン・デーというのがある。メジャーリーグで初めて本格的なアフリカ系選手として活躍したジャッキー・ロビンソン。彼の生涯は差別と戦うものであった(映画「42〜世界を変えた男」に詳しい)。その彼がデビューした日として知られるこの日はその功績を称えジャッキー・ロビンソン・デーとしてメジャーリーグの記念日のひとつとなっている。今年も全選手、監督、コーチ、審判がロビンソンの背番号「42」を背負いプレーしている。

ふとそんなことも思い出した。そして冬月にとって8月15日はまた違う意味で忘れられない日である。このコラムでも何度か書いたことがあるが、親友のMが突然倒れてこの世を去った日なのだ。今年も戦争のこと、Mのことを思い出しつつ過ごす1日になるだろう。

閑話休題。本日は朝からI店に出かけた。まもなく新台入れ替えが予定されており、カレンダー的にも期待薄だが、とりあえず朝イチで。店に着くとお客さんはいつもより多い。やはり世間は盆休みの様相。気のいい兄ちゃんなどの顔も見える。ギリギリに着いたのでは、話すヒマもなく開店となる。

甘デジのシマから見ていくが、壊滅といった状態だ。無理しても打てる感じはない。マックスも同じ。バラエティーコーナーのミドルスペックも厳しい。かろうじて新台コーナーだけは打てそうな雰囲気があるが、このシマは見てくれがよくても、例外なく回収コーナーになっている。

諦めかけて『海』のコーナーへ行くと『CR大海物語BLACK』のライトタイプの見た目は悪くない。5台ほど設置されているが、多少だけど変化もある。寄り釘とヘソ釘のバランスがいい角から2番目の台にハンカチを置いた。スペックもわりと与し易いような気もする。とりあえず今日はこの子か……。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る