コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CR大海物語BLACK ライト』  
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CR大海物語BLACK ライト
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
55001014前兆マリン
474魚群黒潮
1328キュインノーマル
297魚群マリン
114黒潮
455ノーマル
1231前兆マリン
424
399
87
2116魚群サンゴ礁
1959キュインマリン
347魚群マリン
246キュインノーマル
27サンゴ
444マリン
394黒潮
401魚群マリン
275魚群黒潮
1244
507
415
2017魚群マリン
295ノーマル
101終了
総投資額 5500円
総回転数 1739回
大当たり回数 25回
確変回数 25回
総出玉数 9321個
換金額 37284円
収支 31784円

ブラック

昨日までの履歴を見るとはなしに見ると、10回、16回の当たりとなっている。どうしたものかな?と思いつつ、打ち出す。まず何よりもステージからの入賞個数が重要。ここがダメだと海でおぼれることになる。最初の500円で9個の入賞。だけどステージでの玉の動きは悪くない。

次の500円では10個。こんなものなんだろうか。せめて1000円20個に届いてくれまいか。丁寧にストロークを合わせたり強さを変えたりして対処していくと、多少回りが上がってきた。初当たり確率は約1/200。マックスタイプよりは当然当たりやすい。

2500円投資のところで魚群が出たが、前兆もなく保留も薄かった。というわけで「ハズれるだろうな」と思っていたら、その通りの結果に。まあ、いいや。我慢できる回りがあるうちは続行しかない。5000円ちょうど投資したところで、前兆が3回続いてスーパーとなった。しかし魚群は出ず。

マリンちゃんのダブルだが、どうかな?と思っているとサメで止まった。めでたしの初当たり。確変50回転のST。高確率で約1/40だから当たる時は当たるけど、そんなに甘くもないだろう。電チューサポートは玉持ちが今ひとつよくない。I店はこの辺のバランスをとっており、通常回転がそこそこだと玉持ちを悪くする傾向にある。

この辺は仕方ない。甘んじてうけるしかなかろう。時短中はリーチもかからずスルーかとおもいきや、ギリギリで前兆から待望の魚群が出て、無事に当たってくれた。図柄はまたもサメ。贅沢は言えないのでよしとしておこう。

うーむ、それにしても玉持ちがよくない。ゲージ構成からするとそれほど削られることはないのだけど、打ち方が下手くそなのか。それにしてもグラフィックの進化はすごいものだ。初代から比べると図柄の滑らかな動きや、液晶の美しさは格段である。技術の進歩はすごいものだよ。

ここでの連チャンはなし。わずかな出玉を打ち込んでいく。手元の玉が心細くなりかけた時、突然「キュイン」となった。安心の一発告知。短い鳴きなので偶数図柄が停止。なんとかつながった模様。そしてここからラッキーにも怒涛の連チャンに入る。STで4発。クジラッキーボーナスもあったので、出玉は一挙に伸びてくれた。

連チャンが終わった時に対応しなければならない連絡が入ったので、早めのお昼をとりながら休憩札をもらう。マイオカルトによれば、こうした休憩の後はたいがい失速するというお約束がある(笑)。ところが座った途端に保留がバタバタと埋まって、前兆が発生。

該当保留でめでたく魚群で大当たり。なんだかこのところ当たりに恵まれない日々だったから、晴天のなんとやらの気がする。まあ、いいことなのでありがたくこの展開を素直に喜ぼう。この当たりがまたうまいこと連チャンを呼んでくれる。今日はひょっとするとひょっとするのでは!?など訳のわからないことを思いつつ進む。


展開に恵まれ

回りはたいしたことはないが、展開がいいうちはぶん投げるほどでもない。手元の玉は6000個くらいになっている。そしてしばらく単発当たりなどでウダウダとして玉を減らすが、3回目の山がやってきた。この機種では自己最高の連チャンを記録。

あっという間に、出た感じ。一撃ってやつだね。海はやはり消化がいいから出る時の爽快感は他機種にはなかなかないものだ。そこからボチボチと打って、キリのいいところで上がることにした。期待値的にはたいしたことはないが、展開に恵まれた1日に感謝すべし。

外にでると、日差しは和らぎ一時に比べるとずいぶん涼しい。猛暑デーはどうやらここしばらくはないようでほっとするな。それにしても初当たりが軽い機種はやはり精神的には楽だなあ〜。少しだけ胸を張って車まで歩いた。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る