> > 『フィーバーパワフルDX』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『フィーバーパワフルDX』  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 朝夕がとても涼しい。「秋は突然やってくる」感じだね。散歩という習慣はないのだけど今朝は家の周りを少しだけ歩いてみたりした。歩きながら、これからの生き方や世情についてつらつらと考えてみる。いいこともあれば、よくないこともある。いや、よくないことの方が多い。

昨今のニュースは、原発再稼働、国会議員の不祥事など考えさせられることがとても多い。個人で何かできるわけではないが、少なくてもこうしたことから目を離さずにはいたいなと思う。なぜなら、人は誰しもこの社会の中で生きているわけだから、その社会で起きていることに無関心でいてはならないだろう……ということ。

パチ業界もそうで、どうにも納得のいかないようなこともあった。本当にユーザーや業界のことをリアルにわかっていないのではないか、と思うことも多々。全部を人のせいにしてはいけないけど、釈然としないことがあまりにも多かった。ともあれ、世の中というのはひとつのところにはとどまらず、変化していくのが常だとしても、その変化はいいほうに向かわせなきゃならないよね。

閑話休題。昨日は期待の新台『ナナシー』が導入されたので、S店に足を向けた。ただし、午前中にやることがあって出動は昼過ぎになってしまった。予想していたことではあるが、すでにくだんの台には誰かが座っていた。そんなわけもあって近隣の店をパトロールしながら空きが出ないか待ってみたが、タイミングも悪く座れない。

座ったところで打てるものかどうかはわからないので、縁があったらまたそのうちに打たせてもらうことになるだろう。結局S店に戻って打ったのは『フィーバーパワフル』。甘デジの中では、大切に使われており客ツキもいい。

パチンコを打つ層はいろいろだけど、今はこうした「遊びやすい・シンプルさ」が求められているのではないだろうか。マックス機種規制が決定しているので、各メーカーともに最後とばかりに、できるだけ魅力のあるマックス機を発表しているが、どうも自分の地元ではそれは主流になっていない。投資がかさむのはやはり辛いだろうな。

昨日のニュースではサラリーマンのお小遣いは減っているとのこと。月3万円くらいだったと思うけど、諸所増税や教育費高騰、円安による物価上昇がその原因だとコメンテーターが話していた。年収がうん千万円ある富裕層は、パチンコの主流層ではないだろう。お小遣いの減ったサラリーマンや主婦層、年金暮らしのシニア層にとっては、投資が大きくなりがちな機種は避けたくもなるだろうな。

しかし、パチンコ人口自体はやや増加したというニュースも聞いた。これはどうも低貸し玉営業の影響だろうと思う。低貸し玉でもなんでもパチンコに関わる人の減少に歯止めがかかるのは歓迎だし、それはそれで明るい材料と言えなくもないのだけど、プロにとってはいよいよ受難の時代なんだよね。

でも、庶民の娯楽、息抜きそして社交場としてのパチンコはやはり残ってほしいし、どういうカタチでも活性化してほしいものだ。さて、実戦に話しを戻す。空いている夢夢ちゃんのうち、ステージからの入賞が見込める台を押さえた。朝から大当たり4回、200回転前後で放置されている。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る