コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『フィーバーパワフルDX』  
 

実戦データ
店舗名 関東S店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 フィーバーパワフルDX
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 9500円
総回転数
大当たり回数
確変回数
総出玉数 8732個
換金額 34928円
収支 25428円

『パワフル』

釘は前回打った時と変わらない。なんとかなればいいのだが……。今日は幸い夜まで打てる時間を確保してあるので、できるだけ座っていたいものだ。慎重にストロークを合わせて打ち出す。1000円20個で我慢していくつもりだが、どうもいつもよりムラも大きく、回転率は安定しない。

1000円分で25個回ったかと思うと、次はパタっと沈黙してしまう。19個がいいところだろう。これだとボーダーラインに毛が生えたようなもの。計算上負けることはないが、もちろん喜んで打つものでもない。とりあえず確率ラインまで……。

90回転を越えたところで、期待のトリプルリーチとオールフルーツリーチが立て続けにかかったが、いずれもメロンを越えても当たらず。保留が薄かったので予想どおりではある。最近の機種はともかく保留状態によってリーチ発生率が綿密にプログラミングされている。保留が薄ければリーチ発生率は高まり、その分の期待度も低くなる。

ある意味では実にうまく考えられている機能なのだが、慣れてくるとしらけてしまうこともある。スーパーリーチがかかっても、保留が埋まってないとついつい埋めたくなる。「さっさと次いって」という気持ちと時間効率を少しでもあげたいという2つの気持ちが交錯するとでもいうか。

150回転まで回したが、投資に見合う回りはやはり苦しいな。その時ちょうど隣の台が空いた。角台なのだが、この子はまだ打ったことがない。卑怯にも横目で時折眺めていた感じでは保留表示の付き具合は悪くなかったように思うのでケツをずらしてみた。

345回転で当たりなしの状況。サンドからカードを移動して開始すぐに前兆演出が発生して、「オールフルーツリーチ」に発展した。記憶は曖昧だが、保留は3個程度だったと思う。何度見ても、きれいな画面でワクワクするようなオールフルーツ演出。「7」が揃えば大当たりというゲーム性に革新をもたらしたアクションだよね。これが当然のごとくスペシャル段階に移行して大当たりとなった。

夢夢ちゃんのあの懐かしい「フィーバー」の声が響く。16Rを期待したが、残念6Rだった。しかしその後はSTで3発、時短で2発と展開は最高だった。当たる時はサクサク当たる感じは気持ちがいい。出玉は削られているが、展開がよければまあいいや。


展開にナイス

最初に打った台よりは多少は回る感じもある。ともあれ、手元の玉を打ち込んでいく。等価のパチンコだから再投資と同じなのだけど、気分的な区切りという感じか。玉が減りかけると当たるが何度か続いて、夕方に差しかかる。実によくありがちな展開だけど、それに身を任せるのも悪くはなかろう。

ここまでたいしたハマリらしいハマリもなく、7時過ぎに風が吹いた。2連チャンのあとにすぐ3連チャン、4連チャンとそれまでのウダウダが払拭されたような風。結局、この流れが8時過ぎまで続いて、満足のいく出玉となった。最終バスまで乗り込む必要はなし。結果と展開に感謝してそっと席をたった。

夢夢ちゃんはやっぱりなかなかいい子でした。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る