コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『CRA SUPER電役ナナシーDX』  
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRA SUPER電役ナナシーDX
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 10000円
総回転数
大当たり回数
確変回数
総出玉数 0個
換金額 0円
収支 -10000円

落としが

確率が確率だけにまずはとっとと当たって欲しい。しかしなかなか上段さえも揃わずに時間だけが過ぎていく。ワープを抜けるとクルーンから入賞口に落ちるのだが、これもひとつのポイント。クルーンのクセも個体差がけっこうある。メーカーのショールームで打った時は、面白いように入賞したけど、現場ではそうはいかない。せいぜい5個に1個くらいか。それでもここに入ると入らないでは大きな差が出る。

ところがすぐに気付いたのだが、I店はここのスタートがデータカウンターにはあがらないのだ。よってヘソ入賞と奥穴入賞の両方を目視して数えなければならん。これがけっこうめんどくさい。冬月は頭上のデータは基本的に使わない。手元の玉(投資)を確認しながら、目視しつつアタマの中でカウントしていくタイプ。この方が1000円とか投資あたりの回りが把握しやすいのだ。データカウンターだと、どうしても手元の玉と数値にタイムラグが出てしまう。

データカウンターなどない時代にデジパチを覚えたから、これはもうその頃からのにクセなっている。かつてミドルやマックス機をメインに打っていた時は、1000回越えはしょっちゅうだったから、1500とか2000を越えるとアタマがクラクラしたりしたものだ。今は甘デジやライトミドルを打つことが多いので、だいたい500回転くらいでリセットされることが多く、その点では楽だ。

ちなみに、この計測の仕方については、オーバー入賞も観察しつつ、実質的な回転率の把握には役立つし、実は機械よりも正確だと自負していたりする。しかし、最近はうっかりして飛ばすことも多くなってきたからこれは歳のせいか……と悲しくなることもあるけど。

しかしどんなに正確に数えようと回る台だろうと当たることとはまるで関係がない。これが独立抽選ってやつだ。善をつもうが悪い行いをしようが、宇宙の法則は操作できない。投資は5000円に到達。回転数はギリギリのラインをいったり来たり、均すと17個ちょいか。これでは深追いはできないなあ。元祖はこのくらいの回りでも十分勝てたけど、出玉スペックなどが違うから比べることは愚だろう。


■右スルーが辛い

ようやく初当たりが来たのは、確率ラインを遥かに越えたところ。150回転だった。ノーマルリーチから本日初めての拡縮アクションがものになる。サウンドとテイストは当時のまんまだね。右打ちを開始する。実はここが超重要ポイント。右スルーにどれだけ通るかが勝敗を分ける。見た目は悪くなかったので期待をこめて打っていくが、さっぱり抜けないのだ。元祖では大当たり中の大当たりもけっこうあったが、これではなあ。結局ラウンド中にスルーを抜けたのはたったの2発。

いくらなんでもこれでは駄目だなあ。それでも当りだけはボチボチとやってくる。玉がなくなりかけると当たるを2時間くらい繰り返す。一時は2000個くらいまでいったが、夕方前に玉は尽きた。回りもやはり17個に毛が生えたか生えないかってところが正体。

とくに追う理由もないので、今日のパチはオシマイってことだ。ここまで9500円の投資だったので、ついでとばかりに残ったカードの500円分を打ち込んむと、驚愕の4回転しかしなかった。となわけで完全終了。落としがもう少しアケになることと、何より右スルーが改善されないと厳しいなあ〜。残念な一日だった。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る