コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

マリンカーニバル  
 

実戦データ
店舗名 東京都町田市P店
換金率 5.2枚交換
遊技ルール -
機種名 マリンカーニバル
投資 ゲーム数 ボーナス
124回転からスタート
6K-183AT
187BIG
87REG
25リプ4連〜REG
4REG
-29AT
63BIG
-35AT
50BIG
-138AT
151BIG
-6AT
23REG
3BIG
-23AT
32BIG
111REG
-331AT
336BIG
92REG
6REG
15REG
610ヤメ
総投資額 6,000円
総獲得枚数 1,097枚
換金額 21,000円
収支 +15,000円

海はもう終わった…

先週の日記でも書いたとおり、最近は海一番ばかり打っている。
しかし、ここに来て状況は悪化。
自分たち以外にハイエナをする連中が増えすぎてしまったのだ。
そういうわけで、いろいろな場所に遠征してはみたものの、
その価値があるほどおいしい地域は皆無。
この日も海狙いで町田になってきたのだが…

まず、一番設置台数の多いP店へ。
しかし、捨てられている台は、100ゲーム以内ばかり。
400ゲーム程度というのも2台ほどあるが、
ハイエナ狙いでシマの端に立っている若い兄ちゃんが数人いる始末。
仕方なく、G店やM店などを覗くが、状況は似たようなもの。
やはり海はもう終わったと見ていいようだ。
一縷の望みを託して、最後に再びP店に戻るが、
やはりオイシイ台は残されていない。

今日はもうあきらめるか…。
そう思ったところ、新台の「マリンカーニバル」に空き台ができた。
仕方なく新台調査という名目でこれを打つことに。
なんて、本当はなにかしら打ちたかっただけなのだが…。
やはりオレも根っからのパチスロ好きらしい。

さて、この機種はどういうゲーム性なんだろう…?
打ち始めて5K目。
カニ演出が頻発するようになった。
台横にあった小冊子を見ると、カニ演出はATのチャンスらしい。
期待を込めて回したところ、合計6KでAT突入。
この機種の場合、ATはストック放出のためのもの。
そして、すぐにBIGを放出。
押し順ナビに従うだけで379枚を獲得できる。
さて、前作「火の国」の場合、ATからのストック放出が
連チャンのカギになっていたはずだが…。
ボーナス終了後、連チャンを期待しながら回すが、残念ながら単発。
その後、自力リプ4を含めREGが3回。
そこから連チャンに入ったようだ。
ATからのBIG放出が2回あり、次は138ゲームで再びAT。
これが連チャンだとすると、かなり穏やかなゲーム性ってことになるな…。
そこからも、数回のボーナスを引くが、
たいした見せ場もなく、最後に600ゲームハマリをくらって、ヤメることに。
結局1000枚ちょっとを流して終了。

まあ調査のために打っただけだから、15Kも勝てれば良しとするか。

「チッ。まだまだ物足りないぜ・・・・・。」



今回の勝因

今回に限り、勝因なんてものはない。
海が死んでしまったから、仕方なく新台を打っただけのこと。
自分の前にたいして出てたわけでもないから、負けてもともとのつもりだったのだし。


text by マー坊


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る