コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

スーパーリノ  
 

実戦データ
店舗名 神奈川県横浜市F店
換金率 等価交換
遊技ルール -
機種名 スーパーリノ
投資 ゲーム数 ボーナス
5K515REG
5BIG
1BIG
5BIG
187BIG
5BIG
5BIG
58ヤメ
総投資額 5,000円
総獲得枚数 2,222枚
換金額 44,000円
収支 39,000円

大放出祭と言うけれど・・・。

この仕事をするようになって、とてもプラスになっている事と、マイナスな事とが一つずつある。
プラスになっている事とは、多くの業界人連中と知り合い、お互いに情報交換し合える状況を作れた事。
逆にマイナスな事はと言うと、その連中と毎夜酒に浸り、結果、朝一の遅刻癖がついてしまった事。
スロ一本で喰っていく上で、この“遅刻癖”はとにかく致命傷だ。
今のところ、「ここ一番!」の朝には何とか起きれているものの、特にめぼしい事が無かったりすると、てんで体が言う事をきかない。
前後不覚になるほど酒を浴びればそれも当然なのだが、そんな状況下でのスロ談義と言うものは麻薬的に面白く、「仕事か遊びのどちらか一方を。」と言われても、こればっかりは俺には無理。
少なくとも、両立出来ている内は・・・・。

F店の「ストック大放出祭」に顔を出すのは、この日で2度目。
前回の印象的には、信頼度は中の中と言ったところだろうか。
派手に設定6を投入する事は無く、前日に中〜高設定に変更した台を普通に据え置くといった感じだ。
ジグマは数名存在するが、その殆どはいわゆる「キンパルプロ」。
朝一と夕方過ぎに出社するのがお約束となっている。
と言っても技術レベルが高いのは彼らだけ。
しかも、彼らはキンパル以外には殆ど見向きをしないときている。
この条件においてこの店で立ち回る最良の形はハイエナ。当たり前だが、これ程ハイエナが綺麗に決まる店も、最近はそう滅多に無い。
巧い奴が少なく、年配客の稼動が高まるストック機を対象としたド平日のイベント。
一旦稼動が下がる15時過ぎに狙いを定めて出社する事に・・・・。

店に入り、まずは店内をぐるりと一周。“信じて突き進み組”と“諦めて帰る組”とに分かれ始めている。
良い感じだ。お目当てのキンパルのシマに戻り、データランプとにらめっこするものの、めぼしい台が見当たらない。
仕方が無いので、普段は寄り付かないスーパーリノのシマへ・・・・と、総回転数2820回・BIG9回・REG2回で113回転目で捨ててある台と、総回転数1908回・BIG2回・REG2回で389回転目で捨ててある台を発見。
前日からのデータ的にどちらも悪くなさそうな感じだが、効率が良い前者から手をつける事にした。
がしかし、これがあっさり153Gに到達。
試行数がたったの40Gなものの、ストック判別の感触も芳しくないので、残りのコインを打ち込み、もう一方の台に移動。
総回転数的にストックされている事も間違い無いと言えるだろうし、ここは一つ腹をくくって857Gまで追う事に。
するとこれが見事に的中!
投資5K・515回転目にREGを引き、そこからBIG3連。更に187G目でBIGを引き戻し、2連!!
速攻で2千枚獲得に成功した。その後57G目に到達し、一旦席を離れてキンパルのシマを見に行くものの、やはり打てる台が無い。
席に戻り、空回ししながら散々悩んだ挙句、ここでヤメ。
高設定とは考えにくいし、怠け癖がついている時こそ、確実に勝っている時に引かないとな。
早上がりして、今日もどこぞで一杯やりに行くとするか・・・・。

「チッ。まだまだ物足りないぜ・・・・・。」



今回の勝因

勝因は、単純に自制してやめる事が出来た事。台移動が失敗に終わっていたならば、
閉店まで徹底的にハイエナに徹するつもりでいたが、楽な仕事で終われて良かった。
設置店が殆ど無いものの、狙い方次第ではスーパーリノがおいしい事を再認識したな。


text by マー坊


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る