コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

不二子2  
 

実戦データ
店舗名 神奈川県S店
換金率 等価交換
遊技ルール -
機種名 不二子2
投資 ゲーム数 ボーナス
1K7N・BIG
21H・BIG
51REG
128H・BIG
42H・BIG
120ヤメ
総投資額 1,000円
総獲得枚数 1,896枚
換金額 37,500円
収支 +36,500円

こういうギャンブルをする瞬間って…。

この日、この店で行われていたイベントは、絵柄の並びで高設定台を知らせると言うイベント。
7が中段に一直線にならんでいると高設定の確率が70%、上・下段なら50%、斜めなら30%という、最近は結構色々なホールでも見るようなイベント。
この店の場合、中段並びならほぼ鉄板だ。2台に一台は高設定で置いていやがる。

朝店に入ると、客は皆昨日入ったデストロイヤーに。
昨晩この店のデータを取っていた俺は、迷わず今回狙っていた不二子の方へ。
前日の新台の出から、皆が新台に向かう事ははなから承知だった。
なんの問題もなくこの日は狙いの台を抑えられる予定だったのだが、ここで問題が発生した。
狙っていた2台はどちらにも中段に7が並んでいたのだ…。
第一候補の台には青7、第二候補の台には赤7がWラインで…。
上にも書いた事なのだが、2台に一台は鉄板のこのイベント、この2台の内1台は確実にハズレなのだ。
一人で立ち回っている時、こういうパターンが一番困る。
2台の内1台が確実にハズレ事を知っているだけに…。

結局、“中段赤7で70%、斜めの赤7で30%なら、ダブルラインで100%の信頼度”っていう、頭の中で描いた訳のわからない根拠に賭けてみたくなった俺は、第二候補であったダブルラインで赤7が並んでいる台へタバコを置く。
自分の信念を信じきれない訳ではないのだが、この日は設定据え置き狙いで来ているだけに、少ない投資でサゲの判断がつく事も分かっていた事もギャンブルした根拠の一つ。
ギャンブルした時の方が、勝った時の喜びもあるしな。

いざ店が始まりベルが揃わない事を祈りつつ投資開始を始めた5G目、右に移動した不二子のバイクの上を、五右衛門が通りすぎやがった…。
外れる事を祈りつつも右リールから押すと、ベル・ベル・ベルできっちり揃いやがった。下げ確定だ…。
青7が揃っていた台はすでに別の客が押さえている。ギャンブル失敗だ。
仕方なく別の狙い台への移動を考えていた7G目、またも同じベル予告からベルハズレでBIGをゲットしてしまったのだ。

あとはデータを見てのとおりで、BIG4回REG1回でさくっと退散。
少し離れた青7中段揃いの台の方がいい感じに出だした事もあるしな。

「チッ。まだまだ物足りないぜ・・・・・。」



今回の勝因

今回は運が良かっただけの勝ちではあるが、しいて言うならきちっと見切って辞めたって事だな。
晩にデータを取りに戻った時、無理に押したバカがひどい目にあっていたようだしな。


text by マー坊


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る