コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

ファイナルジャグラーvol.1  
 

実戦データ
店舗名 都内S店
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 ファイナルジャグラー
投資 ゲーム数 ボーナス
1K24ヤメ
9K271BIG
39BIG
121REG
307REG
35BIG
170BIG
246BIG
44BIG
168BIG
14BIG
47BIG
310REG
403BIG
112REG
109BIG
12REG
24BIG
222REG
493REG
110BIG
8BIG
70REG
293BIG
44BIG
141BIG
59REG
166REG
31BIG
16BIG
15BIG
18BIG
330REG
44REG
89REG
33BIG
71REG
238BIG
670BIG
7BIG
149BIG
40REG
228BIG
101REG
76REG
606BIG
375REG
430BIG
367BIG
153REG
11BIG
128ヤメ
総回転
8310回転
BIG32
REG18
獲得枚数
3012枚
総投資額 10000円
総獲得枚数 3012枚
換金額 60000円
収支 +50000円

パチスロ私の楽しみ方

私がパチスロで面白いと思うことはたくさんありますが、真っ先に挙げられるのが自分のヒキです。何分の1のものを何ゲーム引けなかったのか? それを正確に知りたい。この「正確に」ってのがポイント。ボーナス確率は何分の1なのかを知るためには設定推測を駆使しなければならない。何ゲーム引けなかったのかを知るためにはリーチ目を知らないといけない。さらに突っ込むなら、BIGorハズレのチャンス目の後にリーチ目が出た場合、どっちのゲームで引いてたのかを知りたいって思っちゃうんです。そんなワケで、成立ゲーム限定のリーチ目がある機種なんかは、常にそのポイントを狙って打つことに。でも『ジャグラー』の場合は簡単ですよね。光ったゲームが必ず成立ゲームなんですから。設定推測のほうは不可能に近いくらい難しいですけど。

次に面白いと思うことは、リーチ目の美しさ。っつーか、美しいリーチ目を出すことに執念を燃やすタイプです。『ジャグラー』なんて、リーチ目はGOGO!ランプばっかりじゃん? と突っ込まれそうですが、GOGO!ランプが光った時にどのような美しい目になってるかってところで楽しんでます。例えば、左リールにボーナスがない場所や、ハサミ打ちで赤7が「上下下」に止まる形。どちらも1コマ目押しが必要です。そんな目を狙って止めたゲームで光ったら最高じゃありません? うっかり目押しミスをしたゲームに、意図しない出目で光ったり、直接揃っちゃったら悔しくありません? そもそも目押しって楽しみの幅を増やすためにあると思ってます。ココを押さないと大損とかの目押しって実はあまり好きではありません。緊張して成功率が下がるというチキンな性格なのもありますが、なんか楽しみ方を強制されてる気がしちゃいます。結局は損したくないから押すんですけどね。

もう1つ面白いと思うことを挙げるなら人との触れ合い。そもそもパチンコ屋は、大人の社交場という側面を持っていました(敢えて過去形にします)。その人の社会的身分や年齢なんか関係なく技やヒキを競い合って共に憩いの時間を楽しむ場所。仕事終わりに来るオジサマの挨拶は決まって「今日も出てないなぁ」。そして、笑顔のまま座って打ち出して「やっぱ出なかったよ」の台詞をオヤスミがわりに言って帰る。「お兄ちゃん、押してよ」と言われるたびに缶コーヒーが増えていく。「あら〜飲まれちゃったの。粘るからよ〜」とオバサマに突っ込まれて苦笑いを浮かべる。孤独に打っていたスロプー時代、この人たちの笑顔にどれだけ癒されたことか。『ジャグラー』のシマは、そんな風情を残すほぼ唯一の場所だとも感じています。


ただし、極度の負けず嫌い

と、『ジャグラー』を誉めまくっているわけですが、大好きだからこそ絶対に負けたくないんです。面白いと思わない機種をお金のために打てる性格なら脱サラしてません。好きな機種を楽しんでるだけで、生活できちゃったら最高! だから、やることはやります。行ってみたら今日はジャグラーがアツいとの告知があったので朝イチは上げ狙い。設定変更推測をやって、1台目は据え置き濃厚で即ブン投げ。2台目で設定変更っぽい台をつかめたのでタコ粘ることに。といっても途中で飲まれてないんで、説得力なさそうに見えますが「気分は貰った〜」って感じでした。ええ。最初から完全目押しを捨てて、小役高確率状態ならピエロ・ベルもフォロー。低確率状態ならチェリーのみ目押しと切り替えてゲーム数を稼ぎましたし。

でも、終わってみての感想は「やられた」に尽きるんですよ。最初に座った台が設定6で、粘った台が設定4。もうね、こういうホール大好き(笑)。普段負けている人に還元しようとする努力が見られるじゃない。設定変更推測をしてタコ粘る人にもそれなりの設定を用意して「見せ台」を作ろうとしているし。実際、このホールのオジサマたちの目は輝いてたなぁ。この笑顔は、設定6を仲良く3人で1箱ずつ分けあって生まれたもんじゃないでしょ。普段から楽しく打ててるんだろうなぁ。

さぁ、明日はこの2台の朝イチがどういう挙動をするか(設定変更の痕跡を残してくれるか)チェックしに行こうっと。ちなみに、タイトルに「vol.1」とありますが、この後日談を来週書く予定……ではありません。いつかまたジャグラーのことは日記にするだろうと思ったので付けてみただけです。書ききれなかったこといっぱいあるし。

そうそう、収支と楽しい時間と癒しの笑顔以外の収穫は、缶コーヒー14本でした。
text by 佐々木真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る