コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

パチスロの計算(2)〜サクラ大戦編  
 

実戦データ
店舗名 都内H店
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 サクラ大戦
投資 ゲーム数 ボーナス
3K92青BIG
54REG
183赤BIG
28青BIG
105赤BIG
330赤BIG
269青BIG
12青BIG
697赤BIG
80青BIG
207青BIG
106REG
4K800赤BIG
242赤BIG
277青BIG
307赤BIG
297REG
83青BIG
50REG
202赤BIG
110赤BIG
451青BIG
293赤BIG
134REG
110ヤメ
5519GBIG19回
(1/290.5)
REG5回
(1/1103.8)
総投資額 7000円
総獲得枚数 360枚
換金額 7000円
収支 +0円

コインが増えたり減ったりする理由

コインが増える要因
・1000円を入れてコインを借りる
・BIGボーナスを引く
・REGボーナスを引く

コインが減る要因
・通常時を消化する
・コインを流す

パチスロを打ってる人なら、これは誰でもわかるでしょう。厳密にいえば、通常時も小役が揃えばコインは増えます。ただ、いきなり細かくすると混乱するだけなので、いったん置いておきます。さて、この5つの項目を考えていきましょう。

1000円を入れて出てきたコインは50枚。通常時を消化して10枚減ったところでBIGに当選して300枚獲得しました。その後、80枚遣ったところでREGに当選して100枚獲得。そこで即ヤメするとコインを何枚流せるでしょうか?

答えは360枚ですね。小学生の算数の問題みたいでしょ? 実際、パチスロの計算って基本はこの程度なんですよ。じゃぁ、ちょっとだけひねってみます。

投資は1000円(50枚)。BIGで得たのは300枚。REGは100枚。通常時は全部で60G回して、結果的に360枚残りました。1000円あたりの回転数は何ゲームでしょう?

わからない人は、前のところに戻ってみてください。「10枚遣って(BIG)」と「80枚遣って(REG)」がなくなって「60G回した」が増えただけで、他の数字は同じですよね。つまり、合計90枚遣って60G回せたことがわかります。では、先に進みましょう。60G回すのに90枚かかったということは、1G回すのに1.5枚(90枚÷60G=1.5枚)必要と言い換えられます。1.5枚あれば1G回せる……じゃぁ50枚持ってれば何ゲーム回せますか? 「50枚÷1.5枚=33.33G」つまり、平均すると1000円で33.33G回せたということがわかりました。でも、普段は通常時に何枚減ったかなんて数えるの面倒ですよね。私ももうホールで打てない特殊な機種(アニマルやニューペガサス)を除いては数えてません。でも、この問題では言葉の置き換えをしなくても、90枚減ったことはわかります。BIGの300枚とREGの100枚と投資の50枚を合わせると450枚。それで流したコインは360枚。ねっ90枚減ってるでしょ。

もうおわかりですね。最初に挙げた5つの項目のうち4つわかれば、もう1つは計算で出てきます。そして、ゲーム数も記録しておけば、1000円あたりの回転数を出すこともできます


私の台の回転数は?

上でやってた計算は、わかりやすいようにBIG・REGともに1回だけしか引いてないことにしていましたが、実際は長いデータになりますよね。でも、基本は同じなんです。では、今回の採ってきたデータです。

コインが増える要因
・1000円を入れて借りたコイン……350枚
・BIGで獲得したコインの全て……6179枚
・REGで獲得したコインの全て……479枚

コインが減る要因
・通常時で消化したコイン……5519Gで??枚
・流したコイン……360枚

さ〜て、上の式に当てはめて、私の通常時1000円あたりの回転数を出してみてください。といっても、いきなりスクロールして答えが見えてもつまらないし、ちょっとだけ関係ない(?)話題でも。プラマイゼロで終わってるのは、枚数をざっと見てマイナスにならないようにヤメただけ。実はこの日「さくらタン水着」が出たんですよ。なので、気分的には勝ちです。でも、もう5回目くらい出してるんですが、携帯電話を構えながら打ってるわけじゃないんで、いっつも写真には顔しか写ってくれません。この無欲さ故にプレミアムが出るのか、な〜んて思ったりもするんですが、なんか悔しい。でも、構えてると出ないんだろーな。

ってことで、そろそろ答え出ました? では、答え合わせをしましょう。

まずは、同じように通常時にロスしたコインを計算します。「350枚+6179枚+479枚=7008枚」のコインが出てきたのに、終わってみれば360枚。「7008枚−360枚=6648枚」が5519Gの通常時に消えていったわけです。5519G回すには6648枚必要なので、1Gを回すには「6648枚÷5519枚=1.204566枚」が必要になります。なので、50枚持っていて回せるのは「50枚÷1.204566枚=41.51G」。これが答えになります。小数点以下を四捨五入したりすると微妙に変わっちゃうかもしれませんが、大体合ってました? これができたら、今度は自分のデータで計算してみてください。メモする必要がある項目を復習しておきましょう。

・投資金額
・全てのBIG獲得枚数
・全てのREG獲得枚数
・通常時のゲーム数
・流した枚数

この5つです。技術介入が必要な機種は自分がどのくらい完璧に打てているのか、雑誌などに掲載された理論値を見ればわかります(この方式だと小役のヒキにも左右されるけど)。データを採り続けていると、自分の上達度合いなどもわかるし、新たな楽しみに繋がるかもしれません。また、完璧に打てる人は、ここから通常時のベースに設定間格差があるかどうか……なんてことも推測できますよ〜。

ちなみに、リプレイタイムが付いたものは別の計算が必要になるので、それはまた改めてやりますね。
text by 佐々木真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る