コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

南国娘  
 

実戦データ
店舗名 都内A店
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 南国娘
投資 ゲーム数 ボーナス
2K59青BIG
5K365REG
10青BIG
252青BIG
98REG
8REG
146赤BIG
267赤BIG
149青BIG
173青BIG
203赤BIG
102赤BIG
229REG
40REG
24青BIG
104REG
13青BIG
227赤BIG
51赤BIG
209青BIG
62青BIG
51赤BIG
96青BIG
266赤BIG
51REG
62赤BIG
87青BIG
447REG
424青BIG
136赤BIG
319REG
253赤BIG
51REG
14REG
98REG
232青BIG
281REG
277赤BIG
126青BIG
339赤BIG
51青BIG
76青BIG
55赤BIG
65青BIG
87REG
255REG
159赤BIG
146赤BIG
239REG
377青BIG
60赤BIG
51ヤメ
8022GBIG35回(1/229.2)
REG16回(1/501.4)
総投資額 7000円
総獲得枚数 2441枚
換金額 48500円
収支 +41500円

『南国育ち』ファンの人へ

確かにボーナス1回あたりの獲得枚数は少ないです。連チャンも自力で引かなければいけません。スピード感は全く違うでしょう。ただ、『南国育ち』は連チャンが凄さだけが面白かったでしょうか? やっぱり「キュイン♪」とバタフライランプですよね。まず「キュイン♪」からいきましょう。仮天井はなくなりましたが、ボーナスの合成確率は設定1でも1/170程度なので、そこまでハマる心配はほとんどありません(全ボーナスの0.3%)。それ以外の通常解除は前作も完全確率だったので、同時当選役の次ゲームがアツいなどありますが、基本的には変わりません。問題はバタフライランプ。確かにBIG後に突入する50G間のRT中に自力でボーナスを引かないと点灯するわけがありません。そこでちょっと意識改革をしてみましょう。

まず最初は、どのBIGもランプ点灯の期待が持てるです。前作にあった「通常Aモードにいるだろうから連チャンに期待が持てない」なんてことがありません。どのBIGからでも、設定1でも25%くらいで、鳥が羽ばたきます。打ち出しても2〜3回は単発を覚悟しなくちゃ……という絶望感がないので、いつでもウキウキ消化できます。
 次は、RTもボーナス中と考えよう! です。BIGとRTを合わせて約240枚出てくるボーナス。最後に鳥が羽ばたく期待度を示す区間がRT最初の42G……そう考えれば『押忍!番長』の操BIGみたいに思えません? 単独中段チェリーが「7揃い」なんて感じで。ムリがあるように思えますが、実際リプレイもボーナスと同時当選している可能性があるので、意外とアレッてところで当たったりもしてくれます。
 最後は、まったりとしたゲーム性の考え方。ボーナスの獲得枚数が少ないのでドル箱を積むのは難しいですが、1000円あたりの回転数は38G程度なので、確実に投資金額は減っているハズです。ちなみに『南国育ち』はホールにとって利益が出まくる嬉しい機種でした。よほどの優良店で打っていない限り、大概の人がホールを儲けさせてきたワケです。それに比べれば、はるかに良心的なスペックですよ! 単発地獄でヤメるにヤメられないこともありませんし、引けない台はそれだけ低設定の確率も上がるからヤメやすい。大金を握りしめなくても、気軽に打てるんです。

機種によって細かい要件なんかは変わりますが、ストック機世代の人たちにとって、このような意識改革をすることこそ5号機を楽しむうえで一番重要なことなのかもしれません。

設定6は青7で見抜こう!

最後に『南国娘』を打つ際の注意点を。といっても、注意することはただ1つ。RT中は、くれぐれもボーナスを揃えてしまわないこと。RTはボーナスを揃えない限り50G継続する完走型。1Gあたり約0.7枚コインが増えるので、途中で揃えてしまうと損になります。……というか、それ以上にバードランプのゲーム性が台無しになってしまいます。まだチェリーも出てないし、いざボーナスがテンパイしても右リールでハズせるから大丈夫……なんて適当に打つのも御法度。既にボーナスが成立していた場合、小役よりもボーナスのテンパイを優先するので、押し位置によっては2リール確定で小役を取りこぼしてしまうからです。通常時の狙い位置も同じですが、左リールに赤チェリーを押していればボーナスが揃うことはないので、必ず赤チェリーを狙うようにしましょう。この小役よりもボーナスを優先するリール制御は、すべての5号機が該当するので、必ず覚えておいてくださいね。

さて、導入から随分と経ってからの日記になったのは、ようやく設定6らしき台を長時間打てたからに他ありません。チョロチョロ打ってはいたんですが、ダメそうならヤメってな感じで気軽に打てる機種だけに、短時間勝負ばかりだったので。

で、その設定6の見分け方ですが、高設定ほど青BIGの出現比率が高くなる傾向があります。もちろん、どちらも確率がヒドい状況は除きますが、赤BIGと青BIGが1:1だったら設定6を疑ってみましょう。今回の実戦は、のっけからREGもまじえて青BIGが3連続で来てくれたので、早い段階からラクな勝負。最終的にBIG35回のうち青BIGは17回とほぼ50%になったので、設定6が濃厚でしょう。早い段階から設定6を推測できるのは前作譲りといえそうです。ただ、台上のボーナス履歴では赤BIGか青BIGかわからないので、ちゃんと周囲の台も見てないと探すのは大変ですが……。青BIGの確率だけでいうと、1/500を切ってれば勝負です。

ちなみに、この日はBIG35回のうちバードランプ点灯は5回(14.3%)。これしか飛ばないの? と思う人もいるかもしれませんが、私のヒキの問題です。計算してみると設定6の連チャン率は29.0%なので、この倍以上は飛んでくれるかと……。バードランプのヒキが悪かった(意識改革中のため敢えてRT中とは書きません)のは、ちょっと寂しいですが、500G以上は1回もハマらなかったし、何よりも変わらぬ「キュイン♪」に大満足。実は、自宅の実機が8台に増えるかも……というくらいの禁断症状だったのよねん。
text by 佐々木真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る