> > サンダーVスペシャルvol.3 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

サンダーVスペシャルvol.3  
text by 佐々木真
 
機種画像 『サンダーVスペシャル』の日記も3回目。これまでは、初代を知っている人向けの文章になりがちでしたが、打てば打つほど初代を知らない人もじっくり打って欲しいと感じるようになったので、サブタイトルは「ストック機世代に捧ぐ」にしてみました。あっ、初代を知らない人は、フラッシュなんかの基本的な説明は省くので、パチスロ図鑑をしっかり見ておいてくださいね。

さてさて、そこまでこの機種を推す理由は、通常時の手順に他ありません。演出も量は多くないですしシンプルそのもの。ストック機と違って複雑なシステムでもないので、それしか選択肢がないんですが。で、ちょっと想像してみてください。頭に思い浮かぶ順押し小役狙い手順ってどういうのですか? おそらく、ストック機世代の人たちの多くは、枠内にチェリーを押してスイカがスベってきたら要目押し。小役がハズれればチャンス目(リーチ目)というパターンになると思います。そういう機種ばかりしか出てこなかったんだから、当然なんですけど。ただ一言いいたいのは、パチスロってそれだけのゲームではないということです。

この『サンダーVスペシャル』にも同様の配列があるので、多くの人は左リールのフェイク赤7を上・中段に押すことでしょう。枠下にフェイク赤7が潜って(上段にスイカ)小役がハズれればリーチ目。本物の赤7が上段までスベってくれば1リール赤7BIG確定となります。スイカの目押し機会が一番少ない効率手順なので、攻略雑誌も正攻法ではその押し位置を推奨することになります。ただ、私はオススメしません。ボーナス期待度がアップする予告音発生時は特に。

冷たい言い方をすると「赤7がブッ飛んで来るのがアツい!」なんて語っている人が不憫に思えて仕方ありません。5号機は、どの機種もボーナス絵柄が不必要にブッ飛んでくれば激アツですから。そんなん『サンダーVスペシャル』でなくても楽しめます。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る