> > さそり座のサラリーマン 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

さそり座のサラリーマン  
text by 佐々木真
 
機種画像 相変わらず『サンダーVスペシャル』を打っているわけですが、ある程度わかるようになったつもりで書いた前回の日記でも、また若干の間違いを発見してしまいました。運悪くハズレの時に出なかっただけかもという恐怖心もあって「〜〜と思われます」って書いてたから許してください(笑)。で、気になったのは、この形。

薄いV 回 ベ ル|
ベ ル 転 リ プ|
リ プ 中 スイカ|
_____薄いV(枠下)

左リールが1コマスベリなら2確目!? と書いたんですが、ハズレでも「神速でハサミ打ちをして右リール枠下にフェイクVを押すとそのまま停止」します。おそらく、機械が左リールの制御作業をしている間に右リールを押すと、リーチ目以外なら停止しても構わない(条件付きの2確目はチャンス目なのでセーフ)くらいの禁則処理しかできないのではないか? なんで、こんな突拍子もない妄想が出てくるかというと、昔の機種『タコスロ』でも似たような事例があったからです。

スイカ スイカ  回 |
リ プ リ プ  転 |
プラム プラム  中 |

この小役トリプルテンパイは中リールが3コマ以内のスベリなら、ボーナス確定となる出目なんですが、神速で順押しをしているとスイカ成立時も「3コマ以内のスベリ」で止まってしまったんです。これもまた違ってたりして。左リールが1.0コマスベリと1.2コマスベリでは停止パターンが異なる可能性もある……というか、アルゼ系の傾向からいくと違って当然っぽいし。0.0コマ目押しと0.2コマ目押しの違いはわかっても、1.0コマスベリと1.2コマスベリは見抜くのが難しいです。いずれにせよ、そんな「わかるかっ」と叫びたくなるところまで、じっくりツクリ込まれているのは嬉しい限りです。

あっ、今回の日記は『サンダーVスペシャル』じゃありませんからね。それ以外の機種も書きたいのが結構溜まってきちゃったんで。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る