コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

ナースウィッチ小麦ちゃん マジカルて  
 

実戦データ
店舗名 都内C店
換金率 6枚交換
遊技ルール
機種名 ナースウィッチ小麦ちゃん マジカルて
投資 ゲーム数 ボーナス
7K227台移動
5K161BIG
116CB
158CB
29BIG
124CB
251CB
6CB
8CB
40BIG
231BIG
170CB
721BIG
105CB
26BIG
221CB
139ヤメ
2733GBIG6回(1/455.5)
CB9回(1/303.7)
総投資額 12000円
総獲得枚数 854枚
換金額 14000円
収支 +2000円

1日打てる環境と内容

今回も取材帰り(『小麦ちゃん』の後継機ともいえる『ぐるぐる爆侍』これも面白かったです)のサラスロ実戦なので大きなことはいえないんですが、1日打てる環境があっても1日打てる内容がなければ、飽きてしまう(ちょっとのハマリで心が折れる)から続けることは難しいでしょう。もちろん、スペックが高い機種で目を$マークにして打てるなら別ですが。そういう銭スロの日もあるっちゃあるんですが、日記にしにくいんですよね。「高設定入れます」って言われて、シマに座って当たり台かを判断するだけ。あとは作業ですから。もちろん、パチスロって決まった位置を目押しする「作業」の時間がほとんど全てなんですが、『小麦ちゃん』には考えさせられる出目があったんです。

1) 左→右→中の押し順

スイカ            |
ベ ル  青 7  スイカ |
黒BR  スイカ       |

2) 左→右→中の押し順

スイカ   ハ   スイカ |
ベ ル   ズ       |
黒BR   レ        |

3) 中リール上段赤7狙い

 ハ          ハ  |
 ズ   スイカ   ズ  |
 レ          レ  |

先に謝っておきます。『小麦ちゃん』について詳しくない人、ゴメンナサイ。あと、あくまでもここから書くのは推察なんで、間違ってる可能性も十分考えられます。まぁ出玉に影響はまったくないんで、間違ってても問題はないんですが。

「1)」は、ハズレでも出現することがある出目ですが、通常は狙っても停止してくれません。出現するとステージ移行などアツい演出が出るので、何かしらの小役が成立しています。「2)」の出目は、左→右リールの停止時点で、基本的にスイカorRT突入目。ここで、中リールをしっかり目押ししても稀にハズれることがあります。おそらく「1)」の出目を出すのと同じ小役が成立して、右リールの押し位置によって「1)」か「2)」に振り分けられると思います。

またこの時、中押し赤7狙い手順をやっていた場合は「3)」の形になります。出現率が似たような感じなんでまぁ正解でしょう。ちなみに、この「3)」も「2)」と同様に、ほとんどの場合は、スイカかRT突入目が止まってくれる出目です。中押し赤7狙いは、中リール上段に赤7停止でリプレイがハズれればリーチ目・中リール中段に赤7停止時は右リールの中段がベル以外でリーチ目・中リール下段赤7停止は1リール確定のリーチ目でベルも揃う・中段スイカまでズルズルスベれば青7の期待大!……とわかりやすいので、まだ近くで打てる人は試してみてください。

で、これら「1)〜3)」までの出現条件として、何かしらの小役が成立と書いてきましたが、4号機ならレアハズレで片づけられます。ただし、5号機の規定ではレアハズレは持てないので却下。さらに、5号機は「引き込み範囲に押した場合」全ての成立役を取りこぼしてはいけないので、この押し方で取りこぼす可能性のある「青7・青7・チェ」の1枚役が非常に疑わしいというか、それ以外に考えられません。揃ってしまったら外見上同じとなる「青7・青7・チェ」も……

・ボーナスと同時当選して揃わない位置を押すとRT突入目になる
・ボーナス非当選で揃わない位置を押すとRT突入目になる
・ボーナス非当選で揃わない位置を押すとレアハズレ目になる

この3種類があるのではないか? というのが現時点での私の推察です。このレアハズレ目になる1枚役をボーナス後のRT中に引いたら、連続演出中を除いてレバー操作時に「ムギーッ」ということは予測できる(言わないとボーナス確定だから)んですが、どうしてもRT中に順押しする勇気がありません。「ムギーッ」と鳴る時も液晶脇の上パネルが光ったり光らなかったりするんで、それが何かしらの意味を持っているのか? なんて考えたりもするんですが、普通のハズレで小役対応のサイドランプフラッシュが発生したりする機種だけに、まったくもって信用なりません(笑)。って、こんだけ考えてたらそりゃ飽きませんわ。ことあるごとに「リーチ目かガセか」なんて想像できるんですから。まぁ、ここまで出玉以外の面で考えさせられた機種は『小麦ちゃん』だけです。で、それを考えるのに格好のホールが側にあった。これがNo.1評価の理由です。

洞察力を鍛えよう!

2007年はいよいよ4号機ラストイヤー。これから5号機が市場に多く出回っていくことでしょう。一瞬でドル箱が一杯になる機種がなくなる分、長時間打たなければそれなりの勝ちは拾えません。その長時間を作業ではなく楽しみにするのかは、アナタ次第。上に書いたのは突っ込まれないように理屈満載になっちゃいましたけど、そもそものスタートは普段見かけない出目に反応したことにあります。計算編では、残ったコインだけではなく捨て石となったコインに目を向けようと書いてきましたが、通常時の出目も同じこと。普通のハズレ目を大事にしていれば、普段見かけない出目が出たからリーチ目かも!? なんて思えますし、コインロスを最小限にするという5号機最大の攻略要素にもつながります。洞察力を鍛えることこそが、5号機時代を楽しんで勝つ一番の近道となるでしょう。

2007年が、皆さんにとって「どーでもいいことにアツくなれる機種」と出会える年になることを祈りつつ……よいお年を!
text by 佐々木真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る