> > アイムジャグラー 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

アイムジャグラー  
text by 佐々木真
 
機種画像 機種画像 いよいよ『アイムジャグラー』の導入が開始されましたね。そこで今回は、北電子さんのショールームで打たせていただいた日のことを日記にしてみます。もちろん、年頭に宣言した通りマニアックに語っていきますよ〜!

マニアックにという言葉を聞いて「またココを目押しして云々」と想像された方、半分当たってるけど半分は間違ってます。『アイムジャグラー』は、中途半端に知識を持つよりわからないままのほうが面白い機種なんです。だから、今のままで十分面白いと感じている人は、中途半端な知識を仕入れないためにも、実戦データ横の段落までスクロールしてください(笑)。

じゃ、いきますよ。さっき入っていなかった出目で今回は光った。今も昔も変わらぬ『ジャグラー』の魅力は、ほぼ完全に再現されています。ボーナス絵柄の一直線を狙わない限り、ハズレとボーナスの時の停止パターンは同じになっています。ここで、5号機のリール制御を確認しておきましょう。

1)成立した小役が引き込み範囲にあれば全力で引き込む
2)1つのフラグ(成立役)に対して用意できるテーブルは1つのみ

「1)」から行きましょう。3コマスベリ以内で枠上に赤7が停止したらボーナス未成立が確定します。このボーナス否定パターンは初代でも同じだったので問題なし。ただ「2)」が厄介です。過去の『ジャグラー』シリーズの左リールは、各成立役に対して「4分の3」のメイン制御と「4分の1」のレア制御が用意されていました。これによって、ある特定の位置を押すことによって、何分の1かでハズレ確定目を出すことができました。要は、ネジネジする機会を自分で調整(減らすことが)することができたんです。ただ、今回はどこを押してもボーナス未成立が確定するか、常にボーナスorハズレのいずれかになってしまいます。……ということで、ネジネジする機会を調整するには、残る中・右リールの停止型にかかってくるわけですが、これも目押しが正確であればあるほど、ボーナスもハズレも停止型は同じになってしまいます。じゃぁ、いつネジネジするチャンスなのよ? となるんですが、その筆頭候補はチェリー成立時。ただ、普通に押してはダメ。1番のチェリーを中・下段に押すと赤7が降ってこなかった時点でボーナス未成立確定してしまいますし、順押しすると中リールにチェリーが出ない2確目になることが多いのでハサミ打ちを推奨します。実戦では15回に1回くらいしか同時成立しなかったけど、過去の『ジャグラー』シリーズを含め、こんだけアツい目はそうそうありません。普段は膨大な量のハズレvsボーナスなんですから。

あと、ネジネジは好きだけど、あまりにもハズレorボーナスの出目になりすぎてネジネジするタイミングがつかめない……という人は、16番の赤7を下段に押してハサミ打ちでベルがテンパイしたら狙ってみるのがオススメ。同時成立するチェリーは一生拝めませんが、ボーナスがテンパイした時に「GOGO!ランプ」を光らせるためにワザと中リールでハズしたり、なんとなくベルを狙ってみたり、ちょっとした刺激が出てきます。おそらく、右リール中段赤7停止はおそらくブドウorCBですよ。

あくまでこの狙い方は私の好み。皆さんも、いろいろと試しながら自分が楽しいと思える位置を見つけてみてください。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る