> > モエる まりんバトる編 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

モエる まりんバトる編  
text by 佐々木真
 
機種画像 今年に入ってからの日記はすべて、ボーナスのみのオーソドックスなタイプだったので、ちょろっと変わった勝負をしてきました。5号機初となるBIG消化方法によってゲーム性が変化する機種、『モエる まりんバトる』のBIG中プラムこぼし実戦です。『まりんバ』はBIG中のチェリー獲得時に追跡ゲーム(RT)の連チャンを抽選するシステムになっていますが、5号機のBIGはご存知の通りゲーム数やJACイン回数で終了することはありません。なら、プラムを一切拒否してチェリーだけで払い出しを受ければ、それだけ追跡ゲームの連チャンも凄いモノになるハズです。理論上は、ですが。

BIGの終了条件は460枚以上獲得すればいいので、すべてチェリーで取るとすると77回。BIG中のチェリー取得確率は1/16.15なので、1240Gくらい回せば到達する計算になります。ただし、プラムをハズしてチェリーを待ち続けるってことは、思いっきりBIG中に枚数が減ってしまうことになります……えぇ、3250枚ほどですが。初BIGを引いたところから65000円ほどさらに追加して、どんだけコインが出てくるかな〜という激アツな勝負をしたい人はぜひどうぞ。ただし、今回のサブタイトルは「勝負のバランス」です。やっぱリーズナブルなほうがイイでしょ? っつか、BIGを鳴り響かせたまま65000円入れる勇気がないってだけですが。とりあえず、ムチャをせずにRT30発を目標に打ってみました。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る