コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

スカイラブ  
text by 佐々木真
 
機種画像 たまには攻略ライターのお仕事でもレポートしてみます。というか、パチスロ図鑑に掲載した、トレジャータイム(RT)突入契機の補足説明です。こういうシステムに関しては、解析が出るまで信用しないという人もいるでしょう。また規則を中心に考えていくので、カタっ苦しくなります。興味のない人には申し訳ないですが、しばしお付き合いくださいませ。ちなみにこれから書くことは5号機全般にあてはまることも多いので知っておいて損はないことだけは断言しときます。

と、カタッ苦しくなる前に今回の実戦の裏話でも。1回目のショールーム実戦のあと、喫茶店にて……
佐々木真(以下、佐)「『スーパーお父さん』と同じだと思ったのに違いましたね。マジわかんねぇっす」
編集とも(以下、編)「私も発表会で打った時に『スーパーお父さん』だと確信してました」
謎のW氏(以下、W)「いや、参りましたねぇ。ベルでもRTに入らないことがあるなんて……」
3人とも「無言……」
佐「チェリーで落ちるのは確定として、その他がどうなってるかですね」
W「素直にベルを引いた時はRTに入ってましたよ」
佐「そこなんですよね。他の小役を引いた場合にどうなるか」
「はっ、大事なことを思い出した。通常時から突入したRTは書き換え不可」
3人とも「それだぁ!」

ということで、SNKプレイモアさんに無理をいってもらい(本当にありがとうございます)、2回目のショールーム実戦を敢行することにあいなりました。いや、ただあまりに面白かったので、検証したいというより、もう1回打ちたいって気持ちも強かったんですけどね。打てばわかる5号機になってから、初めて心の底から「参りました」と言わされた機種なんで。

そうそう、謎のW氏ですが、近々弊サイトでデビューするでしょう。パチテレ!を見ていればお馴染みの人かも。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る