コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

打たなかった台のドラマ  
 

実戦データ
店舗名 都内P店
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 パチスロあっぱれ応援団
投資 ゲーム数 ボーナス
2K41赤BIG
37REG(RT中)
90赤BIG
142赤BIG
51赤BIG(RT中)
180青BIG
(12)超あっぱれ
163赤BIG(RT中)
51赤BIG(RT中)
126REG
316赤BIG
454青BIG
(6)超あっぱれ
15青BIG(RT中)
(33)超あっぱれ
68REG(RT中)
28赤BIG
306赤BIG
51赤BIG(RT中)
(41)超あっぱれ
192赤BIG(RT中)
51赤BIG(RT中)
406REG
168赤BIG
192REG
176青BIG
349赤BIG
267赤BIG
106青BIG(RT中)
(10)超あっぱれ
449青BIG(RT中)
(5)超あっぱれ
157ヤメ
4632G
赤BIG:15回
(1/308.8)
青BIG:6回
(1/772.0)
REG:5回
(1/926.4)
総投資額 2000円
総獲得枚数 1779枚
換金額 35000円
収支 +33000円

なかなか出るぞ! 『あっぱれ応援団』

新機種発表会があって、普段は行かない地域に行った時のことです。せっかく来たのだからと、いろいろ回って視察していたら、メジャーどころからマイナーどころまでを揃え、古めの5号機も出玉よりゲーム性がウリの機種を残す傾向にあるホールを見つけました。私と好みが似ているから5号機好きなスタッフが機種選定してるんだろう。それなら5号機に力を入れているだろうと、そこで打つことにしました。

今週の新台が『リングにかけろ』『リオデパラダイス』『あっぱれ応援団』と3機種。当然、アマいと噂されている『リングにかけろ』から入りたいんですが、アマいという噂は当然ホールの耳にも入っているワケで。空き台は設定1にしてもヒキ弱すぎるだろ……っと叫びたくなるほど悲惨な状況のものしか転がってません。次に見たのがオススメコーナーにもなっていた『あっぱれ応援団』。まだ駆け出し中のメーカーが作ったということもあり大特集を組む媒体もなく、ゲーム性も一般的には浸透していないのが現実です。こういうところに、お宝は眠っていることが多いです。なぜなら、出すことが一番のゲーム性を浸透させる方法だから。

空き台を見ると、900GでBIGを6回(+REG2回)も引いている台があります。まだサンプルは少ないですが、打つ価値は十二分にあるでしょう。実際、高設定だったらしく、順調に引いてくれて快勝となりました。注意点とか特徴まで書くと長くなるので、パチスロ図鑑を見てもらうとして、ここでは感想のみ。番長チックな演出は、なかなか面白かったです。ただ、チェリーが出たりこぼしたらすぐボーナスを狙って揃えられてしまうので、最後まで演出を見ることは少なかったですが。 ちなみに、パチスロ図鑑の打ち方をして、青7が下段に停止しなければ青7BIGとボーナスゲームの可能性はゼロ。右→中の順で赤7を狙って上段に赤7がテンパイしたらリプレイor赤7BIG。左下がりに赤7がテンパイしたら、中リールがビタでない限りハズレ確定ってな感じで、ボーナス察知はもの凄く簡単でした。

この程度の目押し力で十分なのは、RT中も同様。パンク回避型のRTに特殊リプレイからの通常時RTが乗る複雑なシステムですが、RTのパンク回避も右リールの赤7さえ見えれば問題ないレベル。初心者は難しいかもしれないけど、初・中級者クラスで十分対応可能な機種でしょう。

1台だけの『スカイラブ』

ってなわけで、ホール選択と台選択がバッチリ上手く行って快勝となったんですが、この日の主役は1台だけ設置されていた『スカイラブ』でした。はっきり書きますが、その日に良い立ち回りをして勝ったことなんてどーでもいいわけです。明日以降をどうするかのほうが遥かに重要なんですから。

日記にしていない日は当然のように『スカイラブ』を中心に打っているんですが、実はこの日の『スカイラブ』が一番狙い目でした。なぜなら、マイクアナウンスで「スカイラブ増台が決まりました」と叫んでいたから。1台しかない『スカイラブ』がヒドいことになっていたら増台に期待できますか? 出ない台なんていう印象を増台前に与えることはできないんですよ。効果的な見せ玉でお客さんを集めるのが、ホールにとって当たり前の戦術なんですから。ただ『番長』や『北斗』のように元から20台あったのを40台に増やすって時は普段と変わらないことが多かったです。ホール全体の占める割合が大きい機種も全部出る設定にしたらエラいことになってしまうから当然なんですが。こういうのは、大昔から培った感覚です。ストック機世代の人は、これから身をもって勉強するように。

今後『スカイラブ』を増台してくるホールは、たくさんあるでしょう。今のところ、ほとんどのホールが4台以下の設置となっています。その台数ならアマ目の設定にしても痛くも痒くもありませんし、他のシマで回収は十分可能です。どのような設定配分にするかはホールによって異なるでしょうが、普段よりも平均設定が高くなるのは間違いありません。増台直後(これこそホールによってマチマチ)に打つよりかは、遥かにカタい立ち回りかと思います。実際この『スカイラブ』、どう考えても中間設定以上でした。2回だけ一瞬空いたんだけど、こっちがBIGを引いちゃったり、RTを消化してたりで打てず終いでした。まぁ、私もそれなりの台に座れたからイイっちゃイイんですが。

こんな、どこでも使えるオイシイ考え方を無料サイトに惜しげもなく書くのは、どんなに頑張っても自分で打てるのは1日に1台しかないからです(笑)。みんなで楽しく打てる時期を満喫しましょうね。
text by 佐々木真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る