コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

バトルシーザー  
text by 佐々木真
 
機種画像 機種画像 携帯サイトを初めて見た方、はじめまして。この日記は、プロってこんなに勝つんだというのを見せる日記ではございません。立ち回りなんぞ、環境によって異なるんで決めつけるとかえって損をさせることが多くなるんで。一般の方から見れば、私はプロというより攻略ライターという部類に入るのかな? まぁ、打って感じたことをツラツラと書いていくコラム的なものとお考えください。パソコンサイト用に書いているので、もの凄く文章は長いですが、お付き合いくださいませ。

ってなご挨拶も済んだところで、本編のスタート。

その昔、パチプー生活をやっていた時のハナシなんですが、私はホールを固定して打つジグマスタイルでした。お世辞にも稼働が良いホールとはいえなかったので、設定師も私の狙っているシマはお見通し。なので、売り上げが伸び悩んだ時期には狙われることもしばしば。それでもやっていけたのは、クランキーコンドルなどのアマい機種をきっちり打っていたのもありますが、時には裏をかいたり、さらには裏の裏まで考えていたからです。

さて、何でこんな書き出しかというと『バトルシーザー』の発表前に、アルゼの人から「そうきたかと思いますよ」と、言われてたから。普通に「上に小さなリールがあって液晶がドカンとあるんじゃないの?」と勘ぐっていたんですが、相手のほうが一枚上だったようです。本当に「そうきたか……下かよ」と言わされてしまった私は、もうあの頃のように裏の裏まではかけないかもしれません。この心理戦で負けた分は、ホールで打って取り返します(笑)。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る