> > ミスターマジックNEO 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

ミスターマジックNEO  
text by 佐々木真
 
機種画像 機種画像 そういやSammyの5号機を日記のネタにするのは初めてかも。『クラッシュバンデクー』は、打ち込んでたんだけど、まだ777@niftyで書いてなかったし。

多くの人にとって、Sammyというメーカーには、どうしても出玉を期待すると思います。『スパイダーマン』や『リングにかけろ』といった5号機の中ではハイスペックとされる機種を多く出してきているのも、そういうユーザーのニーズに応えるためというのが理由かもしれません。ただ、私には「ボーナスでコインが増える機種が好き・ちょっとした付加機能が付いていればなお嬉しい」という好みがあるので、なかなか腰を据えて打つことが少ないんです。

そんな好みって、なかなか変わるもんじゃありません。だって3号機の頃からそうなんですから。3号機の人気機種の1つに『アラジン2』があります。そう、AT機やストック機でも名を馳せた『アラジン』シリーズの2代目です。シングルボーナス(以下、SIN)の高確率状態(集中って言われてました)で、ドカッと出る爆裂性が人気の理由だったんですが、私は配列も役構成もリール制御もまったく同じだった『ミスターマジック』のほうが好みでした。『ミスターマジック』にも集中は搭載されていましたが、出玉のメインはボーナス。あくまでも集中はおまけだったんです。

もともと、こういうゲーム性って2号機時代には当たり前だったものです。また機会をみて書きますが、最近お気に入りの『スカイラブ』と非常によく似たゲーム性の機種もあったんですよ〜。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る