> > ヤッターマン只今参上 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

ヤッターマン只今参上  
text by 佐々木真
 
機種画像 今回は、全体の40%近くが5号機で「2分の1でアンコウ」「3分の1でアンコウ」などの札が普段から付いているにも関わらず、客付きがパッとしないホールで打ってみました。偵察に行った時に、注意しなきゃいけないと思ったのは、札が刺さったシマのいずれかが全台設定6になる可能性あり。つまり、シマの半分が設定6というわけではなくて、「2分の1でアンコウ」と刺さったトータル台数の半分が設定6になっていたことです。それでも、札を信じるなら魅力的な営業ですが、設定発表されるまでの時間帯のお客さんが少ないってことを考えると、全台設定6? ウソ〜ん……と思われていることも想像できます。

もちろん、信頼度もバッチリ! 人気機種の高設定がボロボロあるっていうホールが望ましいんですが、そういうところは台の争奪戦も激しいので、私みたいな一応仕事をしているおっさんにはキツいものがあります。こういう人気薄のホールといかに上手くつきあえるか。これが生命線なので、とにかく打ってみます。ただ、石橋は叩いてから渡ります。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る