コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

うる星やつら  
 

実戦データ
店舗名 都内I店
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 うる星やつら
投資 ゲーム数 ボーナス
3K153REG
5K344BIG
2K466BIG
94BIG
1HBIG
311HBIG
757REG
161BIG
97REG
119REG
129BIG
150REG
123HBIG
288BIG
194REG
369BIG
501HBIG
407REG
363REG
53BIG
201ヤメ
総ゲーム数:5080GHBIG:4回(1/1270)
BIG:8回(1/635.0)
REG:8回(1/635.0)
総投資額 10000円
総獲得枚数 887枚
換金額 16500円
収支 +6500円

リリチェのチャンス目が命!

ハイパーBIGと並んで、本機の目玉機能となっているのが「ガールハントタイム」。これは「リリチェ」の並びになるチャンス目が出た時に突入する約10GのプチRTです。ベルのヒキによって左右されますが、実戦上は、コインを増やすタイプではなく減らさない程度。ボーナス未成立のチャンス目から突入した時に、コインを減らさずボーナスを待てるのが特典です。

そこで問題となるのが「リリチェ」の出現条件。「赤7・TEN・ラム」と「ラム・赤7・青7」の1枚役を取りこぼした時に出現するんですが、単に取りこぼすだけではダメです。5号機の規定上、リール制御は「リプレイ>ボーナス>小役>小役こぼしのチャンス目」の順に優先されます。なので……

スイカ 回 回 |
ベ ル 転 転 |
赤 7 中 中 |

ラ ム 回 回 |
ベ ル 転 転 |
スイカ 中 中 |

こんな形に止めてしまうと、左リールにリプレイがないため、どうやっても「リリチェ」の形にはなってくれません。「リリチェ」の形にならなければ、RT突入に必要な特定出目が出ないことになるので、プチRTにも入ってくれなくなってしまうんです。今回の実戦値から計算した、プチRTに入ることでロスしなくて済むコインは約10枚。1枚役の取りこぼし方を失敗しただけで、10枚も損することになってしまいます。ってことで、1枚を超全力でカスリともしない位置で取りこぼすのが、『うる星やつら』では必須のテクニックといえるでしょう。そのためにどうすればいいのか?

・左リール18番のチェリー狙い

チェリーは2つありますが、9番のチェリーは上段に押せば問題ありませんが、中段に押してしまうとラム絵柄が上段まで飛んできてしまうので、1枚役を「リリチェ」にできない危険が出てきてしまいます。一方、18番のチェリー狙いは、赤7が上段までスベってきても、赤7の下にリプレイがあるので、中リールにラムや赤7を狙うことによってスイカを狙いつつ「リリチェ」にすることが可能です。

・左リール枠内青7狙い

チェリーの押し分けは難しいという人は、左リール枠内に青7狙いがオススメ。ただ、枠上に押してしまうと左リール下段に赤7が停止してしまうので、気持ち遅めに狙いましょう。このデメリットはスイカの目押しが面倒になること。ただ、演出がアツかった時に狙ってみるくらいでも、ある程度取りこぼしは防げると思います。

まさかの1G連チャン

CBがないタイプなので、ボーナス確率はやや低め。BIG獲得枚数も多いので、ベースが高くて、さらにボーナス確率はやや低めの方向に。ハイパーBIGよりも、ノーマルBIGとREGがメインなんだろうと思ってたし、その通りな感じなんだけど、まさかのハイパー1G連チャンですよ。実戦データにある他のボーナスは、全て揃えたゲームで表記したんですが、1G目に「リリチェ」。2G目に狙ったらラム揃いだったので、そこだけは1Gと書いてみました。いや、たまには私もやるもんだ(笑)。

ただ、ヤメ時はソコだったかもしれません。他のボーナスで持ちこたえている間、いかに一撃必殺のボーナスを引くか。やはり、ハイパーBIGを引いた瞬間が最良のヤメ時といえるでしょう。……なんか前にもこういうこと書いたような気がする。あっ『大江戸漫遊記』か。あっタイプはまったく違うように思えるかもしれませんが、実はゲーム性は似ているのかもしれません。もっとも、『うる星やつら』はノーマルBIGも351枚純増と強力なんで、まとまったコインを流すタイミングはいっぱい増えそうですが。

でも、ソコでヤメるとデータが短くて日記にならんし……と打ったら、311Gでハイパー連してコインが増え、また同様の理由で続行したらハマりました。うん、やっぱヤメ時はアソコだった(笑)。
text by 佐々木真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る