> > 日常の立ち回り〜その2〜 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

日常の立ち回り〜その2〜  
text by 佐々木真
 
機種画像 5月に入ってから5号機の新機種がものスゴイ勢いで登場しているワケです。取材忙しいなぁ……とは思っても、まさか日記のネタに新機種がなかなか出てこなくて苦しむとは思っていませんでした。いや新機種、マジで勝てないというか良い台に座れないんですわ。

どうしても取材帰りの実戦とかが多くなってしまうので、新装直後は朝から狙っている人が多くて取れるわけがない。空き台に座っても、やはり投げられた台だけあって低設定そう。自然とノーマークな古めの台かつ得意機種を打つ立ち回りになってしまうわけです。もし、そんな得意機種たちの調子が悪ければ収支は諦めて、新台を追う……日記のネタとして相応しいものになるのかもしれませんが、すみません、5月は絶好調でした。なんだかんだ、19日間稼働したんですが、結果は15勝4敗。しっかりした優良ホールを抑えられているわけでもなく、朝から狙い台に座れるわけでもないのに、上出来な結果でしょう。

5号機時代は1回の大勝ちよりも勝率重視です。コツコツ型の4号機が主流だった時期のデータ帳を開いてみると……

1998年5月……23勝7敗1休
1998年6月……19勝7敗4休
勝率75%

これくらいが理想だと思います。この2ヶ月間の最大勝ち額は65.5K勝ちが3回。しかし、最大負け額も18Kと少なめプラスこの勝率なので、バイトとかしなくても暮らせるくらいの収支にはなっていたワケです。ちなみに、稼働の大半は『クランキーコンドル』と『サンダーV』でした。それで65.5K勝ちが最高とかって実にショボすぎる(笑)。で、今年の5月の稼働は、やっぱり『スカイラブ』が1位。他人より優位な勝負に立てる得意機種を打てば、そりゃ負けません。では、どういう風に打って、感じていたのかを先週の実戦から2本ほど。『スカイラブ』に限ったハナシではないので、得意機種が違う人は置き換えたり「ウチの近所の得意機種では違う」なんて感じで考えてみてください。こう、考えることが勝率アップへの第一歩ですから。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る