コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

ハーレムエース  
text by 佐々木真
 
機種画像 ちょいとイレギュラーなノリ打ち編を挟みましたが、先々週に夕方からのサラスロ実戦を書いたので、今回は朝からの勝負編。とはいっても、私の場合はいきなりハイスペック機を選択することは滅多にありません。朝から『リングにかけろ』が全台高設定とわかっていれば座るんですが、そういう大きなイベント時は、若者に機動力で負けます(笑)。行ってみて「あ〜取れなかった」とか「整理券番号が悪かった」では、貴重な休日が台無しです。そこから立ち回るにも、イベントジマに出玉が割かれている状況で他のシマから芋掘りをするのも勝率が低くなってしまいます。

もちろん、ファーストチョイスはハイスペック機が正しいと思います。なんせ、ヘタなストック機よりも遥かに出ますから。普段からホール状況を逐一見ることができないけど手っ取り早く勝ちたいという人は、まずハイスペック機だけでも知識を仕入れて、確実に高設定を置いているホールで座った台が当たりのことを祈りながら打つのが良いと思います。低設定に座った時の見切りをしっかりすることも条件になりますが、5〜6回に1回の割合で設定6をツモればいいんですから。

ただ、私の場合はちょっとひねくれているというか、ハイスペック機以外に活路を見いだすことのほうが多いです。なぜなら、それがマイノリティだから。他に同じコトをやってる人が少ないほど、自分にとって有利になるという考え方です。それプラス、ハイスペック機よりも見切りを早くつけられる機種から入れば、まだ可能性の残っているハイスペック機の中途半端にヤメてある台に移動できる可能性もあります(他の台を見て高設定が予想よりも少ないなどの条件もつきますが)。

ということで、今回は萌え系の機種がオール設定という中途半端なイベントの『ハーレムエース』を打つことにしました。まずは、打つ前に考えていたことから。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る