> > 信じるものは馬鹿を見る!? 〜 三國志編 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

信じるものは馬鹿を見る!? 〜 三國志編  
text by ワサビ
 
機種画像 仕事柄、地方ロケなどが多く様々な場所のホール状況を目にすることがある自分ことワサビですが、いやはや、その東京との状況の差に驚かされることが多い。まず総じて言えるのは「地方ではまだ5号機が人気薄」って事。稼働している台の多くは4号機ばかりで、5号機のシマはほとんどガラガラ。せいぜい動いているのは新台くらいで、それも機種によっては空き台が見られるという有様。それに比べて関東近辺ではかなりプレイヤーに5号機が浸透し、番長亡き今、ぼちぼち「パチスロ=5号機」の等式が成り立ってきたように思います。

これはこれで5号機打ちにとっては嬉しい限りなのだけれど、一つ、関東近辺がどうしても地方に劣ると思われるのが、「設定状況」。4号機・5号機問わずホールの状況、という面だけで見れば、やっぱり地方のほうが甘いようです、全体的に。ここには台に対する知識の浸透うんぬんの理由ではなく、やはり「固定客をつけたいか、そうでもないか」の差が顕著に表れているのではないかと思われます。東京はキッツイでっせ、都心のホールなんかちょっと立ち寄った「ブラリ客」からいくら抜けるかしか考えてないような状況の店も多いですし。そんな中からなんとかして『打っても良い店』を探し出すのが、また骨の折れる仕事でして。星の数ほどホールは存在するんですけどね、打てるホールなんてホント一握り、いや、一つまみ。常日頃からあらゆるホールを視察&メール会員になるなどして状況を少しでも把握しようと努力してないと、ホールの経営状態がコロッと変わり得るこの時期、いつ打てるホールが無くなっても不思議ではありません。

というわけで今回の実戦コラムは「視察がてらの夕方打ち」。実はこのコラムを書く3〜4時間前まで打ってたという、できたてほやほやのデータです。あまりの辛さと悲しさの中打ってたんで、文章に憎しみが表れてたり汚い言葉が飛び交ってたら申し訳ありません(笑)。でもホント惨いでっせ、こっちの状況は。ヌル〜いお湯に浸かってパチスロライフをエンジョイされているそこのアナタ、手に汗握りながら、涙しながら読んでください。食うか食われるかの壮絶な戦いを……。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る