> > ラブリージャグラー 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

ラブリージャグラー  
text by 佐々木 真
 
機種画像 相も変わらず微妙な状況。ストック機が完全に撤去されて、パチスロの売り上げが下がり、パチンコの超大物の新装があるから、目先の利益を確保したいのはわかるんだけど、毎週コラムを更新しなきゃならん身には厳しいものがあります(笑)。アツ目のイベント日で、朝イチに座った台が高設定であることを祈るほうがカタそうなくらい。ただ、それもホールとシマを絞って精度を上げなきゃならんので、じっくり通えない身にはツラい。で、機種を絞ると日記の内容も結局は偏っちゃうし。

とまぁグチを書いても始まらないので、前回の最後に書いた「前向きかつ堅実に打ってきます」をどのように実行したのかでも。早い時間帯から、ちょろちょろ〜っと新機種を触って低設定なのを確認し、結局はまだ可能性の残っている『エヴァ2』のシマへ……っていうことが多かったです。それで感じたのは『エヴァ2』も完全回収モードに突入しているホールが多いこと多いこと。青7BIG寄りの偶数設定台を様子見で打ちながらチェックしてても、なかなか設定6が見つからない。

ガッツリ設定6入れますよ〜っていう日に朝から座るだけじゃ、他の機種のイベント狙いと同じになっちゃうから、それなら『リンかけ』のほうが出玉の期待も大きいし、早い段階で設定が読めない分だけ夢もある。やっぱ自分にとって、『エヴァ2』は通常営業で設定6を探せてナンボって存在だということが、今さらながらわかりました。そんなわけで、設定6の台数が少ないホールの偶数設定を打ってても時間が過ぎるだけの『エヴァ2』を封印しようと考えた後の実戦です。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る