> > 『機動戦士ガンダム2』vol.4 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『機動戦士ガンダム2』vol.4  
text by 佐々木 真
 
機種画像 相も変わらず『ガンダム』三昧です。ジグマスタイルも難しい現状では、安心できる機種が一番……って、先週書きましたね。新装も少なく大きなホール環境の変動もない状況では、コツコツと主戦にしている機種を中心に、コツコツといろいろなホールを見て、今後の参考にしていきたいところです。

そんな感じで、良いホール探しを延々と繰り返し続けているわけですが「ココ良さそう」と思って何回か日記にできたとしても、すぐさま「家なき子」状態に。いつになったら……と、読んでくださっている方々のほうが心配しそうになるんでしょうが、もう慣れっこなんで(笑)。「自分にはジグマスタイルが無理」という結論を出した段階で、1週間それなりにしのげるならOKというホールでも打つ前提になっているんです。

これは、計算うんたらとか、長年の勝負感とか……そんなものではなく、単純な国語力。良いホールが減っている中で、フラッと仕事の合間の日に行って当たり前のように高設定をツモれるホールは、競争率が激しくなって当然。最後には朝の抽選の運なんかがメインになってしまうし、前日取材などで来られなかった自分にとっては、良い番号を引いても明々後日の方向に走りかねない。自分がそのホールで上位に立てないのが明白なところで勝負をしても結果は見えています。

ちなみに、自分が上位に立てないホールでも打つ価値がある場合もあるんですよ。その上位者よりも多くの台数だけ設定6が入っているオイシイ状況以外でも。それは、その上位者の立ち回りや思考を盗みたい場合。究極の明日につながる負けってことになるんでしょうか。ただ、その勉強段階を済ませたら、自分が上位者になるための立ち回りが始まります。

その立ち回りも固まったら……あとは細かい積み重ねで、勝ちの上乗せ&負けを食い止める作業に入るワケです。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る