コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

乱れ打ち  
text by ワサビ
 
機種画像 パチスロで勝とうとしている人間にとっての店の善し悪しというのは、なにも高設定の投入率だけではありません。換金率は基より、客層であったり客付き、データカウンタの充実等々、店にはいろんな特徴があって、それをロープレのステータス表示並みに数字なり棒グラフなりで表してみて、より強そうなところを選んでいくのが重要。「設定6投入率」のパラメータが高い店ならイベントでの一発狙い向き……とか、自分の台を打ちながらも全ての台のボーナス履歴が見られる店のような「データカウンタ」のパラメータが高い店なら昼過ぎからの高設定狙い、もしくはARTなどのハイエナ向き……とかといった具合に、状況に応じていろんな店を使い分けていくのがコツ。全パラメータがMAX値ならもちろんいうことはないのですが、まぁなかなかそんな店は見当たらないわけで、数店ある「仲間」の中から、誰を先頭に立たせて戦うかによって、見込める収支というのは大きく振れ幅ができてきます。

基本的に自分は「客層レベルが低く程々に高設定が入っている」店が好きで、これまではそういう店にしか通っていなかったし、ちょっと前までここでのデータのほとんどを占めていたA店はまさにそういうタイプだったんですが、そんな中、先週あたりから「高設定」のパラメータが異常に高いタイプの店に乗り換えての一週間。慣れない戦場ではホント、普段は遭遇し得ないようないろんなドラマが生まれます。ボロボロになりながら戦った、とある一日のデータを……どぞ。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る