> > 『ビーキッズクラブ』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ビーキッズクラブ』  
text by ワサビ
 
機種画像 先日、スカパーのロケでついに話題の新台『新・吉宗』を打つことができました。これまでにもメーカー取材などで2度ほど触れることができるチャンスがあったのですが、突然の食中毒などで機会を逃し、ホール導入まで待つことになってしまったこの吉宗。登場前にも業界内であーだこーだと話題を独占していたこともあって、かなり期待に胸を膨らませて打ってみたわけですが、うーん、どうだろ。皆さんはどうでしょ?

自分としては、BIG中こそ「餓狼SPかどっちか?」というくらいの魅力を感じたんですが、やはり4号機の後期の機種をリメイクしたということもあってか、あまりにもリールが単調……というのが率直な感想。BARを枠下に落としてチャンス……なんてのは、もうこの時代には流行らないと思うのは自分だけでしょうか。正直、打ち始めて15分で、気になったのは演出のパターン等々ではなく解析の数値と機械割のみ。まぁ110%程度あったので、ホールで「6確」の札があったら打つだろうな、といったことばかり考えてしまっていました。

設定推測のポイントはどこだろ……やっぱり1種限定だから俵確率あたりなのかな。でも通常時の小役はホント機嫌を取るのが難しいし……そうそう。それで思い出したんですけど、「通常時の小役カウントの信頼度」を考え直させる出来事が、ここ数日で立て続けに続いたんですよね。ホント何を信用して5号機で立ち回ればいいのやら。
今回のコラムは「小役と設定の関係」をテーマにして、進めていきたいと思います。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る